中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」

望形態

患者の形体、姿態、動作などを観察し、臓腑気血の盛衰、陰陽の消長、および病症の順逆、邪気の所在など症状を診断する方法「望形態」を解説します。

望頭頸

頭部〈髪〉や顔面の状態(色・むくみ・動きなど)を観察し、気血水(津液)のバランス、臓腑の虚実などの症状を診断。中医診断学より望頭頸の診断方法、病の関係性を解説します。

望五官

頭面耳口舌鼻などの器官組織の色沢と形態を見て、臓腑・経絡・気血の状態を診断する方法「望五官」について中医学の蔵象学説より解説します。

望皮膚

皮膚の状態(色沢・形態・病症)を観察し、邪気の性質、気血水(津液)の盛衰、臓腑の虚実などの症状を判断する「望皮膚」。中医診断学より望皮膚の診断方法、病の関係性を解説します。

望指甲

指甲(爪甲)は肝胆の外候であり、気血充足、循行流暢、血虚、気滞血瘀を診断できる。診断方法・病の関係性についての詳細はこちらを参照。

望排泄物

組織器官に分泌された涎・沸・唾・涙・汗のような分泌物、体外に排出された大便・尿・月経のような代謝産物、病で形成した痰・膿・嘔吐物のような病理的な産物などの排泄物より、色、性状、量から臓腑の病変を診断。

舌診

中医学独特の診断法「舌診」。舌に現れた変化「舌象」を元に症状・健康状態を診断。世界最高手技療法の推拿施術の診断にも用いられ、柔道整復師や健康コンサルタントのスキルアップ、生活習慣改善にも用いられている、だれでもわかる中医学診断法。

病の原因

中医学の病因学は病因の性質と発病の特徴、症状を研究し診断と治療に役立てようとするものです。病因の範囲は気候、疫病の伝染、精神的な刺激、飲食、過労、筋違い、打撲、切り傷。また臓腑気血の機能失調によって生じた痰飲、気滞、瘀血も発病因子となる。

六淫七情

風、寒、暑、湿、燥、火|6種類の外感病邪を総称した「六淫」。喜・怒・憂・思・悲・恐・驚|七種類の情志変化を意味する「七情」。中医診断学の六淫七情の考え方・病の関係性を解説。

風邪

邪気の一つであり、春季に発病が多い「風邪」について中医診断学より仕組みや種類、病の関係性を解説。

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。