中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
ピンクの花

任脈(奇経八脈)

【循行経路】

胞中より起こり、下って会陰に出て、陰器を経て、腹部、胸部の正中線に沿って上

行し、咽喉に至る。さらに上行して下顎に至り、口唇の周りをめぐり、頬部に沿って上り、分かれて眼窩の下に至る。

【支脈】

胞中より後に向かって脊を貫き、上に向かって背部を循行する。

【支脈】

少腹内から分かれ出て、直行して臍の中央をつらぬき、上って心を貫き、さらに喉部に至り、上行して下顎部に至り、口唇の周りをめぐり、上に向かって両眼下部の中央に至る。

【基本的な作用】

任には、担う、担任の意味がある。

「陰脈の海」:足の三陰経は下腹部(小腹)で任脈と交わり、左右両側の陰経は任脈によって相互に連係するので、任脈は陰経に対し調節作用をもち、「一身の陰経を総任する」と称される。

任脈の任は、「妊」と同じ意味もあり、月経を調節し、胎児を卒育するので、「任は胞胎を主る」といわれる。

任脈の経絡図

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。