中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
水

水(津液)

水(津液)の概念

水(津液)とは、体内のすべての正常な水液の総称であり、人体を構成し人体の生命活動を維持する基本的物質である。

中医学で身体を形成している血以外の全ての液体のことを「津液」という。経脈のなかを循行している血液成分、細胞内液、組織間隙に存在している水液、また唾液、胃液、腸液など分泌される水分及び涙、悌(はなみず)、汗、尿などもこれに含まれる。その中の性状が稀薄で比較的流動性が大きく、皮膚、肌肉、孔竅の中に布散して滋潤作用を果たしているものを「津」、性状が比較的濃厚で流動性が小さく、骨節、臓腑、脳髄の中に灌注し濡養作用を果たしているものを「液」と呼び、合せて「津液」と呼んでいる。

津液の生成、輸布及び排泄

肺、腎、脾、三焦、膀胱など多数の臓腑の協同作用により、津液の生成、輸布及び排泄が完成されている。津液は水穀の精微が化生したものである。飲食物は胃の受納、消化を経て、小腸で清濁が分別される。

  • 脾気の運化作用
  • 肺気の宣発・粛降作用
  • 三焦の通調作用
  • 腎気の蒸化及び排泄作用

これら一連の気化作用により始めて津液が形成される。そして津液が肺の気化作用によって五臓六腑、四肢百骸に輸布され、全身を滋養するように働く。代謝後の廃液は汗と尿になって排泄される。

このようにして、津液は体内水液のバランスを維持している。津液の生成、輸布、排泄という一連の過程は、実に複雑であり、多くの臓腑の協同作用の結果行われているのである。なかでも特に重要なのは肺、脾、腎の3臓である。

津液の生成、吸収、輸布には、胃の受納と脾の運化が密接に関与している。津液を全身に散布し、肌膚、皮毛を潤沢にし、汗や尿を化成するのは、肺の宣発と粛降が強い関連性を持つ。

肺は「水の上源」「水道を通調する」といわれるのは、このためである。津液の生成と代謝の過程では、腎の作用が最も重要である。

なぜなら、胃の受納、脾の運化、肺の宣散と粛降には、腎気によ る温煦と推進が不可欠であり、尿の生成、排泄し体内の水液を正常に代謝するには、腎の「気化」の機能が必要であるからである。

腎が「水臓」「一身の水液を主る」と称されるのは、この理由によるもので ある。肺、脾胃、腎はそれぞれ上、中、下の三焦に属しているので、古人は体内の津液の昇降出入の通路を「三焦」としてとらえ、津液の生成、輸布、排泄という 代謝の過程を「三焦気化」と言っている。

様々な臓腑の病変が津液の生成、輸布、排泄に影響を与える。また津液の生成不足、或いは喪失過多になると、傷津、脱液の病証が現れ、輸布が傷害されて水液が停滞すると、痰飲や水腫が起こる。こうした津液の病変は、また多くの臓腑の機能に影響を及ぼすことになる。

  • 水飲が心に影響すると、動悸がおこる。
  • 水飲が肺に影響すると、喘咳がおこる。
  • 津液が損傷して肺が  乾燥すると 、咳がおこ る。
  • 津液が損傷して胃が 乾燥すると 、口渇がおこる。
  • 津液が損傷して腸が  乾燥すると、便秘がおこる。

津液の作用

滋潤と滋養作用

津液には、滋潤滋養作用がある。体表に散布する津液は、皮毛や肌膚を滋潤し、体内にある津液は臓腑を滋養している。また孔竅に入る津液(涙、悌、唾液など)は眼、鼻、口などの孔竅を滋潤し、関節に入る津液は、関節の動きを滑らかにし、骨髄に入る津液は、骨髄と脳髄を滋潤している。

血液の化成

津液は脈外を流れるだけでなく、しばしば脈中に入り血液になる。血液中に絶えず水分を補充し、血液が適当な粘桐度をもって順調に全身を循環するようにしている。したがって、津液は血液の組成部分でもある。

老廃物の運輸

津液代謝の過程において、各部位の代謝産物を集めて脈内(血液)、或いは脈外の通路を通し関連する排泄器官に運び、絶えることなくその老廃物を体外に排出することにより、各組織器官の生理活動の正常な運行を保証している。

例)皮膚の汗腺から出る汗、腎と膀胱を介して排出される尿、これらの中には大量の水分のほかに多くの代謝産物を含んでいる。

中医学では「汗」を非常に重要視している

筋肉を温養し、皮膚を健康に潤しているのは、汗液のなすところであるとし、その汗液は津液の変化したものとみなしている。

したがって、大量に汗をかくということは、津液、血液を損なうものだとしている。また急激に津液を失うと、直接に筋肉に影響し、痙攣をひき起こす。これはよくアスリートにみられる現象である。古来より「血汗同源」(血と汗の源は同じである)といわれている。

津液の分類

津液をその性状によって区別すると、澄んでサラサラしたものを「津」といい、陽に 属し、濃厚でねっとりしているものを「液」といい、陰に属する。

津:

津は気血の中にあり、気血の運行をスムーズにさせている。また主として体表に分布 しており、体外では涙、唾、汗などとして現れる。

液:

液は気とともにめぐることはなく、骨髄、筋膜、頭蓋腔の中にあって、そこで関節の動きを滑らかにしたり、脳髄を滋養している。

津と液はともに水穀の精微物質から発生しており、ともに全身を循環し、臓腑を滋養する。したがって生理、病理的には、この2つを明確に区別することはできない。

津が不足すると液もその影響で少なくなるし、液に問題があれば津にも影響する。したがって、後世の医家が両者を合せて、津液と称している。津液は、その所在部位及び臓腑との関連性により、五液としてとらえられている。

  • 汗…心液
  • 洟…肺液(はなみず)
  • 涙…肝液
  • 涎…脾液(よだれ)
  • 唾…腎液(だえき)

この五液はそれぞれ対応する五臓で生成されると考えられている。「五臓は五液を化す」と称している。

汗は津液が化生したものである。津液は血液の重要な組成部分であり、血は心が主っていることから、汗は心の液とされている。心陽虚になると多汗となり、心陰虚では寝汗が現れる。

洟(はなみず)は鼻孔を潤している。鼻は肺の「竅」であることから、洟は肺の液とされている。肺熱、肺燥という病証では、洟が少なくなり、鼻が乾燥する。肺気不宣になると、鼻づまり、流洟が現れる。

涙は目に流れ込む。 目は肝の「竅」であることから、涙は肝の液とされている。涙の量が少なく目が乾渋になる症状は、肝陰、肝血の不足の現れである。風にあたると涙が出る症状は、肝経の風火、或いは肝腎両虚の現れである。

涎(よだれ)は口中に溢れ出るが、口は脾の「竅」であることから、涎は脾の液とされている。脾胃の消化によって生成された津液がうまく運化できないと、涎は減り、口が渇くようになる。また脾気虚になり統制力が弱まると、涎の量が増え、止まらなくなる。

腎の経脈は、舌本を挟んだ後舌の下を通ることから、そこに分泌される唾は腎の液とされている。 腎水が充実していれば口舌は潤って滑らかであるが、腎陰が不足する と、舌は乾燥しやすくなる。

五液と五臓はこのように対応関係を構成しているが、これは必ずしも絶対的なものではない。汗は心と関係があるだけではなく、さらに肺、胃、腎などの臓とも関係している。また涙は肝と関係があるだけではなく、心、肺とも関係がある。この他、胃  液、腸液など臓腑自身の液がある。

気と津液の関係

津液は陰に属し、気は陽に属する。津液と気の関係は、血と気の関係によく似ている。その性質、形状、機能などの面にはそれぞれ特徴があり、ある程度異なっているが 、その生成過程と運行、輸布の点では共通する部分がある。

津液と気はともに水穀 の精微からつくられ、全身を運行し、共同して生命活動の基本物質を構成している。 津液の生成、輸布、排泄は気の昇降出入によって行われ「三焦の気化」と称されてい る。 生理的活動の過程で相互に作用しているので、相互に非常に密接な関係にある。

津液に対する気の作用

気は津液を生ずる(気生津液):

津液は脾胃によって生成される水穀をその来源としている。したがって、脾胃の気が盛んであれば、津液は充分つくられるが、脾胃虚弱になると津液は不足することになる。病理上は、気虚は津液不足を招き、気陰両傷の証が現れる。

気は津液をめぐらせる(気行[化]津液):

津液の運行、これには津液の輸布と排泄(汗や尿)の2つの面が含まれるが、これらの生理過程は必ず気の推進作用によって始めて完成されるものである。したがって、気は津液をめぐらせるのは、気が津液を推進して全身に輸布するとともに、気化作用を通じて生体が津液を使用した後の余った水分と代謝産物を体外に排泄させていることを指している。

これら一連の過程は脾、心、肺、腎、膀胱の気の協同作用によって完成されている。もしこれらの臓腑の気が不足し、或いは気機失調になれば津液の輸布や排泄は傷害され「気不行水」(気は水をめぐらさず)という状態となり、これが痰飲となったり、水腫となったりする。

「気めぐれば水をめぐらし、気滞れば水が滞る」といわれ 「水停まれば気が滞る」とされている。このように気と津液の病変は互いに因果関係を構成している。

気は津液を摂す(気摂津液):

津液を生体が利用した後の余った水分の排泄については、体内に貯留し、排泄されないで残ってもいけないし、また排泄し過ぎてもいけない。この過程は、気の推進と気化作用によるところが大きいほか、必ず気の固摂作用に依存して始めて津液代謝の正常なバランスが維持される。この種の汗、尿などの排泄に対する固摂機能は肺、腎、膀胱の機能の一部分であり、気の固摂作用の具体的な現れの一つでもある。気虚のため固摂作用が低下すれば、多汗、多尿などの病理現象が現れ、必然的に体内津液の異常流出が発生する。

気に対する津液の作用

津液は気を載せる(津液載気):

津液も血と同様、気を載せて運ぶ働きを持っている。気は津液に附され、全身に流布されている。この種の作用には 2つの意味が含まれている。

  • 脈内の津液は血液に化生し、営気を載せ運ぶ 。
  • 脈外の津液は流れ貫注 し、衛気を載せ運ぶ。

ひどい嘔吐、下痢をした後、津液が大量に流失する時は気もこれにともない、脱出する。これを「気随液脱」(気は液に追随して脱する)と称している。つまり津液を損傷するだけでなく、気に波及して気を損傷する。

津液は気 を生じる(津液生気):

津液は気に化生できる。これは「血生気」の仕組みと基本的に同じである。脈中の津液が血液に化生し、血液は常に臓腑、経絡の気に営気などの精微物質を供給しているほか、脈外の津液は衛気を載せ運び、肌膚など肌表の組織器官を持続的に補充することによって、その気の充足と調和を保持させ、外邪の侵入を防御するなどの機能を維持させている。

津液が気に化生するのは、肺の機能と密接に関係がある。病理的には、多汗、多尿及び嘔吐、下痢などの津液を喪失させる病症はすべて気虚を招く。

津液と血の関係

津液と血はともに液状物質で滋養と滋潤の作用を有している。気に対して両者は陰に属することになる。 生理的には、津液は血液を組成する重要な一成分である。 血中成分の中で、脈管外に滲み出してくるものも、津液と呼んでいる。両者は相互依存、相互転化という密接な関係にある。病理においても相互に影響しあっている。

津液の多い、少いは血液の量と関係がある。反復的に出血すると津液に影響が及びやすく、その時には、口渇、皮膚の乾燥、尿量減少などの津液不足の症候が現れ、「耗血傷津」(血を消耗し、津液を損なう)といわれている。これに反し、津液が大量に消耗、損傷した時、傷津脱液がひどい場合は直接血液に影響し、脈内に浸入する津液が減少するばかりでなく、時には脈内の津液が、より多く脈外に浸出することが起こる可能性もある。

津枯血燥の状態が生じる。このことから、出血性の患者を治療するときに発汗剤を用いるのは不適当であり、多汗で津液が不足している患者に瀉血法を用いてはならないことが理解できると思う 。

  補完代替医療
【気功師|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/kikoushi-lp/


自然治癒力を高める
【気功Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/kikoushi-basic-lp/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。