中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」

血の概念

血は、脈管中の赤い液体状の物質であり、人体を構成し生命活動を維持する基本的物質の一つである。血は主として水穀の精微から化生されてできる。血脈には、血液が外に漏れないようにする働きがあることから「血府」と呼ばれている。

血は心が主り、肝に蔵され、脾がこれを統摂することによって脈管中を循行している。血は人体の各臓腑、組織、器官を濡養(栄養)しており、人体にとって不可欠な営養物質である。

血の生成

血液生成の源は、中焦の脾胃にある。

飲食物は脾胃の吸収、運化を経て営気や水(津液)、その他の栄養成分に化成し、それが心・肺に送られ、心・肺の気化作用によりしだいに血に転化し、さらに脈管内にしみこみ、全身に供給される。

営気と水は、血を作るために必要な物質である。営気と水は、水穀の精気から作られるので、摂取する食物の栄養価値と脾胃機能は、血液の生成に直接影響がある。栄養のある食物を長期にわたって摂取できなかったり、脾胃の運化機能が長期にわたって悪かったりすると 、血液の生成が不足して血虚の病理変化が発生する。

また、腎精は髄を生じ、髄も血に転化し、生成された血の一部分を占める。精と血の源は同じなので「精血同源」ともいわれている。すなわち、精と血は互いに依頼しあい、互いに転化しあう関係がある。精は腎に蓄え、血は肝に蓄え、腎に精気が充実すれば、肝血も充たされ、肝血が充実すれば、腎精も充ちてくる。このように血は水穀の精微、営気、精髄を物質基礎とし、これらが脾胃、肺、心(脈)、腎、肝などの臓器の機能を受けることで生成されている。

血の作用

血はすべての皮毛、筋骨、経絡、臓腑など全身に栄養を供給し、滋潤するように働いている。この作用は、眼と四肢の運動能力の面によく現れ、血に依頼して始めてそれらの本来の機能を果たすことができる。

血によって眼が滋養されれば物をよく見ることができ、足が滋養されれば正常に歩くことができ、掌が滋養されれば物をしっかりと握ることができ、指が滋養されれば、しっかりとつまむことができる。

また、血の栄養と保湿する作用により、顔を血色よく潤し、皮膚や毛髪を艶かにする。筋骨、関節は血の滋養を得ることで、筋骨は強くたくましくなり、関節はスムーズに動く。 血が旺盛であれば精神旺盛であり、活発で健康である。

血が不足して各臓腑はそれぞれの滋養を失うと、目は乾いて動かしにくくなり、視力は減退し、関節の動きが悪くなり、肢体や四肢の末端のしびれ、皮膚の乾燥やかゆみなどの症状が現れる。血の生成が不足すると、血の栄養と保湿する作用が減弱し、顔色が悪くなったり黄色くくすんだり髪の毛が細くなったりするなどが見られる。

また、血は神志活動の物質的基礎であるので、血が不足すると精神、神志の病変が現れる。心血虚や肝血虚になると、驚悸(驚いて胸がドキドキする)、不眠、多夢などの神志不安による症状が現れやすいのはこれと関係がある。

血の循行

血は脈管の中をめぐって全身を休みなく循環し、各臓腑、組織、器官の需要にこたえている。血液の運行は心のみならず肝、脾とも密接な関係があり、内臓の共同作用によって正常に保たれている。

心は血脈を主り、これは心気の推進作用が血液を循環させる基本的なエネルギーとなっており、血液の循環を支配しているためである。また、血液が肺に集まり、肺気の作用を受けた後、それを全身に散布される。

肝は血をため、全身血液の貯蔵と調節を行っている。心がポンプの役目をしているとすれば、肝は倉庫の役目をしている。

脾は血を統帥しているので、血が脈管の中をうまく循行し、脈外に出ないように支配している。

脈管は高速道路のような役目をしており、必要な所に車が順調に行けるように、車が道路より逸脱しないように支配している。血液の運行は心、肺、肝、脾などの内臓の関連性の中で行われているため、いったんその内のどれかの臓器に機能失調が起こると、血行に異常が生じやすくなる。

例)心気虚:血行の推進力低下の現われとして「心血瘀阻」が、また脾虚のために統血作用が弱まると、便血、崩漏、皮下出血などの症状が現れる。

気と血の関係

血は陰に属し、気は陽に属す。血と気は陰と陽の関係であり、相互依存、相互発生の関係である。気と血が生成されるのに必要なものは、腎中の精気と水穀の精微である。これらは、肺、脾、腎などの働きを通じて作られ、人体の生命活動に欠くことのできない基本物質である。血は気の生化とその機能を十分発揮するための基礎となっている。

気と血の異なるところは、機能面でいえば気には主として推進作用、温煦作用があり、血には主として栄養作用、滋潤作用がある。正常な生理状態下では、気血、陰陽は相対的にバランスのとれた状態にあるが、気血不和となり陰陽のバランスが崩れると疾病が発生する。治療としては、この気血の関係を調整し、陰陽の協調関係を取り戻すことである。こうした性質をまとめると、両者の関係は次の通りである。

血に対する気の作用

気は血を生じる(気生血):

血液の物質的基礎は精であり、精が血液に転化するための原動力は気である。

気が盛んであると、血を化生する力は強まり、気が虚すと、血を化生する力は弱まる。

そのため、気虚が進行すると血虚をひき起こしやすく、気短(息切れ)、乏力(気力の低下)、面色不華(顔色が悪い)、目まい、目花(目がくらむ)、動悸といった気血両虚による症状が現れてくる。

したがって、臨床上、血虚の病証を治療するには、気血双補が必要であるが、重点を補気におくべきである。補気には血液の運行を推進し血の新生を促進する作用があるからであり、よく補気の方法で治療効果を上げている。 これは「気は血を生ずる」という理論に基づく方法である。

気は血をめぐらせる(気行血):

血液の循行は、心気の推進作用、肺気の宣発作用、肝気の疏泄作用によって助けられている。

つまり「気めぐれば血めぐる」という表現で、この関係を説明することができる。病理的にも気の機能が失調して「気虚」、或いは「気滞」といった病理変化が起こると、しばしば血行不良となり、ひどい場合は「瘀血」へと進展することがある。したがって「気滞」と「瘀血」は同時に存在することが多い。

例)月経不順や経血中に凝血塊があり月経時に腹痛や乳房が脹って痛むなどの症状を呈する場合や、打撲などで筋骨が挫傷して気血の流通を瘀阻する場合である。

 「気滞」から「瘀血」が形成されることも多く、「瘀血」が生じると、同時に「気滞」の症候も存続、或いは増強する。

例)慢性肝炎、胃十二指腸潰瘍などでは、よくこの状況が見られる。

臨床上、血行の異常を治療するときには、よく行気、或いは活血化瘀という治療法を用い、気滞瘀血に対して活血薬と理気薬を同時に使う必要があり、滞りの改善をはかることにより、良い効果を上げることができる。これは「気は血をめぐらせる」という理論に基づく臨床の応用である。

気は血を摂すとは、血液が正常に脈管中を流れ、外に漏れることがない状態にする気の作用を指す。気が虚してこの作用が低下すると、全身的に疲労感、無力感、舌質が淡な どの症候があり、血液が統摂されずに脈管外に溢れ出し、各種の出血証が発生しやすくなる。この病態を「気不摂血」 という 。治療は益気をはかって気の血に対する摂血機能を回復させれば、止血の効果を得ることができる。これは「気を補い、血を固摂する」という理論によるものである。

気は血の帥:

血は、気とともに経脈に沿って流れめぐり、血の形成と運行の過程において気と離れることはない。気が「生血」「行血」「摂血」するところから「気は血の帥である」といわれるのである。

気に対する血の作用

血は気を載せる(血載気):

血液は水穀の精気や自然の清気を載せて運ぶ働きをしている。これを血の気に対する働きからみると「血が気を載せる」と言っている。

血は気の載体であり、気が血中に付随している。したがって、血液が大量に失われたときには常に気脱をひき起こし、大出血時の血脱にともなう気脱証の治療には益気固脱法をよく用いられ、この際には止血補血法も配合することになる。これはどれも「血は気を載せる」という理論を説明することができる。

血は気の母:

全身の気が十分に作用を発揮して各部分の生理的機能を遂行させるには、血による栄養の供給が十分でなければならない。気は血中に存在し、血は気に依存していると同時に、血は絶えず水穀の精微を気に与えることで、その機能を持続させている。

血がが充足すれば、気は盛んになり、血が不足すれば、気は衰えになる。病理上は血虚、または気虚をもたらす。したがって、治療のときには、気虚に対し、特ににその血を滋養すべきである。気は血や水と分かれて存在することはできない。

大出血すると、顔面蒼白、冷や汗、血圧下降などが生じ、つまり気もこれにともなって喪失し、汗を大量にかくと、気もかなり消耗する。これを「気随血脱(気は血に随って脱する)随って:したがって」と言われ、これらは「血は気の母である」という意味を説明づけるものである。

  補完代替医療
【気功師|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/kikoushi-lp/


自然治癒力を高める
【気功Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/kikoushi-basic-lp/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。