中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
ピンクの花

奇経八脈

奇経八脈

奇経八脈の総合作用

奇経八脈は経絡系統の中で非常に重要な位置を占めている。奇経八脈は縦横に交叉しながら、十二経脈の間を循行している。それにより、正経の間の連絡を強め、十二経脈、経別、絡脈を広く連係させ、経絡と全身の各組織器官の関係を深め、全身の気血の盛衰を調節する作用がある。

奇経八脈の作用:

奇経八脈のほとんどは十二経脈から分かれて出ており、十二経脈と縦横に交叉し、その循行、分布の過程でその他の経脈と交会し、経絡の間の連係を密接にしている。その代表的なものには、次のものがある。

  • 陽維脈は各陽経を連絡させ、督脈の風府、唖門で交会する。
  • 陰維脈は各陰経を連絡させ、任脈の天突、廉泉で交会する。
  • 手足三陽経は、督脈の大椎で交会する。
  • 足三陰経は、任脈の関元、中極で交会する。
  • 督脈は頭頂部で足厥陰肝経と会合し、督脈、任脈、衝脈は、互いに疏通しあっている。
  • 衝脈は足少陰経、足陽明経とも連絡しており、「十二経脈の海」ともいわれている。
  • 帯脈は腰腹部を帯状に1周しており、縦走しいる経脈と連絡している。

このように奇経八脈は、十二経脈とそれに関係のある臓腑に対し、連絡、疏通させる作用を果たしている。

十二経脈中の気血を調節する

経絡は気血を運行する通路であり、その中でも十二経脈が主要な通り道となり、奇経八脈は十二経脈の間を縦横に交錯して貫通し、その気血を調節する作用を果たしている。十二経脈と臓腑の気血が旺盛になるときには、奇経八脈に注いで蓄積し、十二経脈の気血が不足になったり、或いは生理上必要なときには、奇経がそれを出して供給、補充する。

奇経八脈には、十二経脈の気血を調節したり、蓄積したりする作用が ある。したがって、十二経脈を大河に、奇経八脈を湖に喩えることがある。

補完、統率、コントロール作用

督脈のことを「陽脈の海」 といい、任脈のこと を「陰脈の海」といい、衝脈のこと を「十二経脈の海」または「血海」と呼ばれるが、これらは奇経八脈の持つこの作用を表現したものであり、奇経八脈は、性質や作用が類似している経絡を組み合わせ、さらにそれらを補完、統率しコントロールする作用を持っている。

督脈:

督脈には各陽経がすべて集まっている。「陽脈の海」と称されている。腎、脳、脊髄とも密接に連係している。督脈には、陽気と真元を総督する作用がある。

任脈:

任脈は一身の陰気を総任し、「陰脈の海」と称されている。陰経を調節する作用と、妊養の作用がある。人体では気を陽とし、血を陰としているが、女性の胎、産、経、帯は陰血と密接な関係があり、そのため「任は胞胎を主る」といわれている。

衝脈:

胞中より起こり、十二経脈の血を納め、血液の運行を調節する要衝であるため、「十 二経脈の海」と称されている。十二経脈、五臓六腑と密接な関係がある。

帯脈:

諸経を束ねて統括する作用がある。

陰蹻脈・陽蹻脈:

下肢と体幹の両側の陰陽を調節している。下肢の内側と外側に分布している陰経と陽経を協調させる作用がある。一身の陰陽と関係を持っている。

陰維脈・陽維脈:

陰経と陽経を連係させている。陽維脈は全身の表を主り、陰維脈は全身の裏を主っている。一身の陰陽と関係を持っている。

奇経八脈は、十二経脈と様々な角度から組み合わせることができ、それにより、その補完、統率及びコントロール作用を果たしている。

絡脈は経脈から別れて斜行する支脈であり、そのほとんどは体表を循行している。主要なものには15本あり、十五大絡、或いは十五絡脈といわれている。つまり、十二経脈にはそれぞれ1本の絡脈が別れ出ており、脾には1本の大絡があり、さらに奇経八脈の任脈と督脈の2脈にもそれぞれ1本の絡脈がある。

この他、絡脈が16あるという考えもある。つまり、胃の大絡を加えれば、十六絡脈となる。

十五絡脈の循行とその作用

十五絡脈の分布には一定の規則がある。そのうち、十二経脈の絡脈は主に四肢部に分布しており、それらは肘、膝以下から関係する経脈の絡穴から分かれ出た後、すべて表裏の関係にある経脈に向かって走行している。

陽経の絡脈は、別れてそれと表裏の関係にある陰経に向かって走り、陰経の絡脈は、別れてそれと表裏の関係にある陽経に向かって走っている。これにより、表裏2経の連係を強化している。

任脈、督脈の絡脈と脾の大絡は体幹部に分布しており、任脈の絡脈は、鳩尾から別れ出た後、腹部に下り、腹部の諸陰経の経気を疏通する。督脈の絡脈は、長強から別れ出た後、背部及び頭部に上行し、背部及び頭部の諸陽経の経気を疎通する。脾の大絡は大包から別れ出た後、横行して胸脇部に散じる。それによって身体の前面、後面、側面の連絡を統一することになった。 十五絡脈の分布は次の 表の通りである。

十五絡脈の総合作用

十二経脈の表裏をなしている2経の間の連係を強化する:

陽経の絡脈が陰経へ行き、陰経の絡脈が陽経へ行くことによって、表裏をなしている2経の四肢においての連係を強めている。この絡脈理論を根拠に、後世の医家は「原絡配穴法」を案出した。

例えば、手少陰心経の疾患を治療する場合には、本経の原穴で ある神門を取穴し、手太陽小腸経の絡穴である支正を配穴する。これは有効な配穴法の1つである。

他の絡脈に対し統率作用をもち、人体の前後及ぴ側面の連係を強化する:

任脈の絡脈は腹部に散り、督脈の絡脈は背部に散り、脾の大絡が胸脇部に散る。それによって身体の前面、後面及び側面の連絡をぞれぞれ、その連係を強めている。

このように十五絡脈は肢体と体幹部に広範囲に散布し、十四経脈と身体組織との間の関係を密接にしてる。

これ以外にも絡脈としては、いくつかの大絡と多くの数えきれない小絡がある。小絡の中でも皮膚表面に浮いたように見えるものを「浮絡」といい 、細かく切れて見えるものを「孫絡」といっている。

浮絡と孫絡 も絡脈の 一部であ り、細かく て小 さいながら も毛根のように全身を覆い、網の目のように分布し、全身組織との接触面も大きくなり、線状の流れから面状の広がりとなり、それによって気血をめぐらし身体全体に 栄養を与え る作用が ある。刺絡抜罐法というのがあるが、これは針で細い絡脈を出血させて疾病を治療する方法である。

正経十二経

奇経八脈

手太陰肺経

任脈

手厥陰心包経

督脈

手少陰心経

衝脈

手陽明大腸経

帯脈

手少陽三焦経

陰蹻脈

手太陽小腸経

陽蹻脈

足太陰脾経

陰維脈

足厥陰肝経

陽維脈

足少陰腎経

 

足陽明胃経

 

足少陽胆経

 

足太陽膀胱経

 

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。