中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」

中医内科学

中医内科学とは、中医理論に基づき内科に含まれる病証の病因病機とその証に対する治療原則からなる臨床学である。内科の範囲は非常に広く、一般的に外感病と内傷雑病の二つに大別される。

傷寒と温病からなる外感病は、六経・衛気営血・三焦の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、また内傷雑病は、臓腑・気血・津液・経絡の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、弁証論治される。

気血の病機・病証の基本概念

気と血は人間の生命活動の原動力である。生理上では臓腑機能活動の物質の基本をなし、また、両者は臓腑機能活動による生成物でもある。そのため、病理上において臓腑に病変を起した場合は、気と血にも何らかの影響が及ぶ。

1.気の生理

中医学の気の相関図

2.気病の病因

気病の病因の相関図

3.気病と臓腑の関係

気病と臓腑の関係図

4.気病の証候

(1)気虚

定義:過度労傷、大病久病による元気損耗の証候である。

  • 定義:過度労傷、大病久病による元気損耗の証候である。

  • 症状:少気、懶言(話すのがおっくう)、言語無力、自汗、心悸、征仲、眩暈、耳鳴、倦怠無力、食欲不振、小便清。脈は虚弱である。
(2)気実
  • 定義:痰火、湿熱、食滞、鬱結など、あるいは外感病の誤った治療による証候である。

  • 症状:胸痞、脘悶、多痰喘満、荒い呼吸、腹脹、便秘。脈は弦滑または数実である。

5.気病の治療

(1)気虚の治療

虚の者は「補う」の原則に基づき、主に補脾肺腎法を用いる。

(2)気実の治療

実の者は「瀉する」の原則に基づき、主に疏肝、理脾、宣肺、降逆、散寒化、結法を用いる。

1.血の生理

血の生理の関係図

2.血の病理

血の病理の関係図

3.血病の証候

  • 出血:一般的には出血部位または臓器によって分類する(血証を参照)。

  • 瘀血:刺痛、痛所固定、拒按、温度変化の影響がないことを主な症状とし、 紫斑、腫塊、皮慮甲錯。舌は紫暗、瘀斑、脈は細渋などを伴う。

  • 血虚:顔色蒼白または萎黄、口唇と爪甲淡白、頭暈、視力低下、心悸、不眠、手足の痺れ、舌は質淡、脈は細無力を主な症状とする。

4.血病の治療

  • 出血:血熱妄行による者には、瀉熱止血法。
                気不摂血による者には、補気摂血法。
                陰虚火旺による者には、滋陰降火法。

  • 瘀血:活血化瘀法に基づく。

  • 血虚:補血養血法に基づく。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。