中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
夕陽と海

うつ(鬱証)

鬱証は情志不暢、気機鬱滞による憂鬱、精神不安定、胸肋脹痛ないし易怒、泣き易いなどの情緒不安定、及び咽喉に異物が詰まるように感じる梅核気、不眠などの各種の複雑な症状を呈す病症である。

自律神経失調症、不安神経症、神経衰弱症、ヒステリー、更年期証候群などの治療には本証を参照する。

中医内科学/うつ(鬱証)の相関図

<弁証論治>

1.実証 

(1)肝気鬱結

【症状】精神抑鬱、情緒不安、溜め息、胸肋脹痛、疼痛部位不定、院腹部悶、げっぷ、腹脹、食欲不振ないし嘔吐、大便異常、生理不順。苔は薄膩、脈は弦である。

【証候分析】情志失調、肝失条達のため、精神抑鬱、情緒不安をみる。厥陰肝経が少腹を経し、胃を挟んで胸肋に分布する。肝気鬱滞、気機不暢、気滞血瘀、肝絡失和により、腹脹、胸悶、肋痛、生理不順がみられる。

肝気犯胃、胃失和降のため、院腹部悶、げっぷ、食欲不振、嘔吐をみる。 肝気乗脾のため、腹脹、大便異常をみる。舌苔が薄膩、脈が弦は肝胃不和の証候である。

【治法】疏肝理気解鬱。

(2)気鬱化火

【症状】煩躁不安、情志急躁、怒っぽい、胸悶脇脹、嘈雑呑酸、口乾口苦、便秘、頭痛、目赤、耳鳴。舌質は赤く、苔は黄色、脈は弦数である。

【証候分析】気鬱化火、肝火上炎のため、頭痛、目赤、耳鳴をみる。肝火犯胃、胃腸有熱のため、口乾、口苦、便秘をみる。情志急燥、怒っぽい、舌質が赤い、苔が黄色、脈が弦数は 肝火過剰の証候である。

【治法】清肝瀉火、解鬱和胃。

(3)気滞痰鬱

【症状】咽喉に物が詰まり、吐き出せなく、飲みこめない違和感、胸悶、窒息感、脇痛を伴う。舌苔は白膩、脈は弦滑である。

【証候分析】肝鬱犯脾、脾失健運、痰湿内生、痰と 気が横隔膜の上に鬱結するため、咽喉中に物が詰まる。吐き出せない、飲み込めないなどの違和感、“梅核気”とも称される症状をみる。気機不暢のため、胸悶、窒息感をみる。肝経鬱滞のため、脇痛をみる。舌苔が白膩、脈が弦滑は肝鬱気滞、痰湿内来の証候である。

※梅核気…ヒステリー球、神経性咽喉頭部狭窄症ともいう。咽喉に梅の種のようなものがあり、飲み込もうとしてもできないし、吐き出したくてもできない。検査して何も見つからないため、理解してもらえない場合が多い。

【治法】化痰利気解鬱。

2.虚証

(1)憂鬱傷神

【症状】精神恍惚、心神不安、悲憂、泣き易い、時々溜め息をする。舌質は淡く、苔は薄白、脈は弦細である。

【証候分析】憂鬱で心気損傷、営血耗傷、心神失養のため、精神恍惚、心神不安など『金匵要略』でいう“臓躁”証をみる。女性に多く発症する。舌質が淡い、苔が薄白、脈が弦細は気鬱血虚の証候である。

※臓躁…発作性の精神異常

【治法】養心安神。

(2)心脾両虚

【症状】思慮過度、心悸、胆怯、少眠、健忘、顔色不華、目眩、精神不振、食欲不振。舌質は 淡、脈は細弱である。

【証候分析】労心思慮、心脾両虚、心失所養のため、心悸、胆怯、少眠、健忘をみる。 脾失健運、飲食減少、気血不足のため、顔色不華、目眩、精神不振、舌質が淡、脈が細弱をみる。

【治法】健脾養心、益気補血。

(3)陰虚火旺

【症状】目眩、心悸、少眠、心煩、易怒、遺精、腰酸、女性では生理不順。舌質は赤く、脈は弦細数である。

【証候分析】臓陰不足、営血消耗、虚陽上浮のため、目眩、易怒をみる。陰血虧虚、心神失養、または陰虚内熱、虚熱擾神のため、心悸、少眠、心煩がみられる。腎陰不足のため、腰酸をみる。陰虚火旺、精室受擾、精関不固のため、遺精をみる。肝腎失調、沖任空虚のため、生理不順をみる。舌質が赤い、脈が弦細、数は陰虚火旺の証候である。

【治法】滋陰清熱、鎮心安神。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。