中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
青い湖

かぜ(感冒)

かぜ(感冒)は風邪の侵入による鼻詰まり、鼻水、くしゃみ、咳嗽(せき)、頭痛、悪寒、発熱、全身不快感などを主な症状とする外感疾病である。

風邪、インフルンエンザ、急性上呼吸器感染症などの治療には本証を参照する。

かぜ(感冒)の原因は、外因である風邪と内因である肺衛不足がある。

風邪は季節、気候、環境などの原因で、しばしば他の邪気と併さって人体を侵害する。 従って、病邪の性質は多様に現われる。

「正気が内存すれば、外邪に犯されない」

の理論から考えれば、正気不足は感冒発症の最も重要な内在要因であることが示唆される。また、体質によって、体を犯しやすい外邪がある。

例)素体陽虚→風寒の邪に犯されやすい、陰虚体質→風熱の邪に犯されやすい。
その他、体質によって、感冒が発症した後の寒熱性質変化にも影響される。
素体陽盛の者は初期風寒感冒を起し、その後に化熱の傾向が高い。

<弁証論治>

1.風寒証

【症状】悪寒が重く、発熱が軽い。無汗、頭痛、四肢関節の疼痛、鼻詰まり、時に鼻水、喉の掻痒(そうよう…かゆい)感、咳嗽、痰が薄くて白い、口渇なし、もしくは口渇に熱飲を好む。舌苔は薄白、潤、脈は浮あるいは浮緊である。

【証候分析】風寒の邪が肌表を犯し、衛陽が鬱され、悪寒、発熱、無汗が見られる。清陽を昇挙出来ず、絡脈不和で、頭痛、四肢疼痛が現れる。風寒が上から受け、肺気の宣発ができず、鼻詰まり、鼻水、喉の掻痒感、咳嗽をもたらす。寒は陰の邪気であるために、口渇はなく、あるいは口渇はあっても熱飲を好む。舌苔が薄白、潤、脈は浮あるいは浮緊などは表寒の特徴である。

【治法】辛湿解表、宣肺散寒。

2.風熱証

【症状】 体熱が著しく、やや悪風、汗が出にくい、頭の脹痛、咳嗽、痰が粘稠(ねんちゅう…ねばりけ)あるいは黄色、咽喉の乾燥、扁桃腺の発赤、腫痛、鼻詰まり、鼻水黄濁、口渇喜飲。舌辺や舌尖は赤く、舌苔は薄白、または微黄、脈は浮数である。

【証候分析】風熱の邪が体表を犯して、熱が肌表に蒸し、衛表不和となり、体の熱が著しく、やや悪風、汗が出にくいなどが見られ、風熱が上襲し、頭の脹痛が現れる。風熱の邪が肺を犯したため、口渇、咽喉乾燥あるいは咽喉腫痛、鼻詰まり、鼻水黄濁が現れる。肺の清粛が失われ、咳嗽、痰が粘稠あるいは黄色が見られる。舌辺や舌尖が赤く、舌苔が薄白、あるいは微黄、脈は浮数などは風熱が肺衛を犯した証候である。

【治法】辛涼解表。

3.暑湿証

【症状】身熱、やや悪風、心煩、口渇、発汗して も解熱  しない、咳嗽、粘稠な痰、鼻水が濁、頭の脹痛、頭重、四肢、体が重くだるい、口中が粘る。口渇しても水を欲しがらない。小便短赤、舌苔は黄腻、脈は濡数である。

【証候分析】夏は暑熱、高湿気であるため、表衛が暑湿の邪に犯されると、身熱、やや悪風、汗が少なく、四肢、体の酸重(だるく重い)の症状が現れる。風暑湿が頭部の清空を上犯 し、頭の脹痛、頭重が出現する。暑熱が肺を犯すと、肺気不清となり、咳嗽や粘稠な痰、濁った鼻水が出る。 暑熱が内擾すると、熱が津液を傷め、心煩、口渇、小便短赤 となり、湿熱が中阻すると、気機が不暢になるために、胸悶、吐き気、口の中が粘稠、乾いてもあまり水を飲みたくないなどの症状が現れる。舌苔が薄黄腻や脈は濡数は、暑熱が湿を挟むことの症状である。

【治法】清暑怯湿、疏風解表。

4.気虚感冒

【症状】悪寒、発熱、無汗、頭痛、鼻閉、身痛、倦怠、咳嗽、咳痰無力。 舌苔は淡白、脈は浮、無力である。

【証候分析】素体弱、多病久病、衛気不固のため感冒が起きやすい。感冒の症状以外に、倦怠、咳痰無力をみる。舌苔が淡白、脈は浮、無力など気虚の症状を伴う。

【治法】益気解表。

5.陽虚感冒

【症状】身微熱、悪寒が重く、頭痛、体痛、無汗または自汗、顔色白い、声が低微、四肢の冷え。舌質は淡、苔は白、脈は浮、無力である。

【証候分析】陽虚の患者が風寒の邪に犯されると、感冒の症状の他に、顔色が白い、冷え、声の低微、また舌質が淡、苔が白、脈は浮、無力などの症状を伴う。

【治法】温陽解表。

6.陰虚感冒

【症状】頭痛、身熱、やや悪風悪寒、無汗や少汗、眩量、心煩、口乾、手足心熱、乾咳少痰。舌は赤く、苔は少なく、脈は細数である。

【証候分析】素体陰虚内熱のため、眩量、心煩、口乾、手足心熱をみる。陰虚津少のため、無汗または少汗をみる。肺陰不足のため、乾咳少痰がみられる。舌質が赤く、少苔、脈は細数は陰虚内熱の証候である。

【治法】滋陰解表。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。