中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
ピンクの花

中医学の身体観

中医学は“独自”の生理観や病理観を持ち、“独自”の診断や利用方法を持つ、体系化された伝統医学である。

病になる前の状態をいち早く察知することを最も優れた医療技術と考え、病にならせてしまう、病の初期、中期の状態になって発見・治療は中・下のレベルの医療と考えられている。

なぜなら、病は、病になってしまうとその回復には多大な時間と労力を要し、回復しないこともあると考えられ、病になることを察知できなかったことを最も問題視している。 

現代医学は近年、特にめざましい進歩を遂げ、様々な治療法が増え、より詳細な検査法が日々発展し、科学的、物質的な研究によるもの、多くの臨床、多くのデータをもとにその病の原因を追求している。

中医学の“独自の観点”とは、現代医学の観点と異なったもの、即ち、国、文化、風土が異なる地域によって発展した伝統的な観点を知ることによって別の角度から推察するところにある。

加えて、季節の中での季候の変化、仕事や生活習慣感情や疲労ストレスなどから心身に及ぼす影響を中心に病因を考える。

中医学と現代医学は同じ、「人体」を中心にしたものである限り、関連性はあるが、その観点は全く異なった所から開始される。人それぞれに個人差があるように、結果は同じでも原因は異なることもあり、原因は同じでも結果は異なることもある。

これを中医学での病と治療に対する表現は『同病異治』『異病同治』といい、個々それぞれに異なった病因があり、それらへの対処は全て異なったものとなるという考えを持つ。

春夏秋冬の自然の写真

現代医学と中医学の異なる点は臨床、研究によって原因を絞り込み過ぎず、体質、習慣、性格、食、地域、文化、風土、環境、仕事、ストレスは異なる。現代医学という高い水準まで引き上げてきたものをより活かすには、物質的ではない非科学的なものを融合することによってより強化されると考える。

中医学では目に見える物資を<陰>、目に見えない非物質を<陽>と捉え、全ての事物はこの陰陽がともなることによって一つのものとなると考えられている。現代の医療では『統合医療』と言われているものもあるが、それは物質と物質の統合であり、陰陽の原則とは異なる。

注意しなければならないのが、中医学や漢方医学でも即座に投薬や施術に入るものが中医、漢方ではなく、先に述べたように、「病になる前に察知する」ことを最上位と考えることが真の中医学である。

中医学には物質的な知識に加え、感覚、感性、生命力、エネルギーが求められ、天変地異を事前に察知し、生命の危険を管理し、病から命を守る。これらの法則を知り、実践することが中医学では必要とされる。

陰陽マーク

中医学の診断方法

中医学は長い年月を経て発展を続け、世界各所にある伝統医学の中でも、最も理論的な体系を整えているといわれている。

現在の伝統中医学は、文化大革命(1960年~1970年頃)後、伝統的な古典を再編されたものである。古くから伝統時に伝わる医学と現代医学を融合させたとも言われている。

中医学では「陰陽、虚実」「気・血・水」「内臓」のバランスにより健康状態を診る。病は身体全体、身体と心のバランスの歪みによって現れるものだと考えられ、歪んだバランスを正常に戻すことによって病や不調は改善すると考えられている。現代医学が局部治療するのに対し、中医学は人の体を「全体のバランス」でとらえる。

中医学では外界の環境因子が人体に与える影響を重視している。季節・気候の変化によって人体が抵抗力を無くした時、邪気となって人体に傷害を与える。それに、精神的な要素は直接内蔵に影響して疾病を引き起こす原因となる。これを中医では六淫七情(りくいんしちじょう) と言う。 中医学では人は自然の一部であるというのが基本の考え方。その中核をなす考え方として「陰陽五行論」がある。

陰陽」とは、全てのものは陰と陽の対立する二つの性質により捉えることができ、それらの相互作用により成り立っているとの考え方である。

五行」とは、全てのものは、木・火・土・金・水の5つの要素からできており、それらの相互作用により成り立っているとの考え方である。五行(木・火・土・金・水)を人の感情や五臓(肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓)に当てはめてとらえ、身体の調子を把握する。

現代医学での病の概念は、治療法はその「病名」にあるが、中医学では、同じ診断名でも人により違う処方をされることや、異なった診断名に対して、同じ処方をすることがある。

五行:木火土金水のイラスト画像

健康な人はさらなる健康を維持するために

美しく、病にかからない強い身体、理想の健康を目指す行動を具体的におこさなければならない。

“現代医療”とは元々病になったものからの回復の手段として考えられ、素晴らしい発展を遂げてた。病になる前、異変を感じる前に身体の状態を察知し行動を起こす事を『未病予防』と言う。

中医学では、健康と疾病とを連続的な変化として捉える。

つまり、病でなければ健康、健康でなければ病という西洋医学的な二元論ではなく、健康の程度には高い状態から低い状態まであって、それがあるところまで低下してしまうことで病の状態に陥ると考えられている。

今日の世界医療事業は、新しいチャレンジに直面している。

それは、医学目的の調整と転換に現れてきた。現代医学は疾病を対象とし、病の原因の除去、矯正、切除などの治療に限られてきたが、腫瘍や炎症への狭い範囲のみで不充分なものだったと深い反省を呼ぶことになった。こうした元来の病に対抗する医学から、健康維持・健康増進・病の予防・自然治癒力など、人間の自己健康能力を発揮する事を目的とする医学へ徐々に転換しつつある。

中医学は世界に進出し、現代医学と互いに長所を取り入れ、短所を補い、人類共通の健康問題を解決する為に、共に発展させる時が到来している。中医学の理論体系は、自然哲学思想によって身体や病のしくみををとらえ、治療法を考える。それは、自然界と人間の身体を一つのものとし、そのバランスの変化によって身体の不調や病になると考えられている。そして、同じ症状でも人によって処方が異なることも中医学の特徴である。体質や症状を細かく分析し、その人に合った方法を選択する。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。