中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」

小腸

小腸は上部は胃に、その下部は大腸にそれぞれ接続している。「受盛の官」 といわれ ている。小腸と心の経脈は互いに絡属しているので、表裏関係をなしている。

位置と形態:

腹腔の中下部にあり、細長い管状器官である。

主な生理機能:

受盛の官、化物の出るところ、清濁の泌別を主る。

小腸の受盛、化物

受盛とは、受け入れる意味であり、化物とは消化の意味である。小腸の受盛と化物の機能とは、小腸が胃より送られてきた食度を受け取り、相当長時間に停留させ、さらに消化を進めていることを指す。

泌別清濁

清は水穀の精微であり、濁は食物の残権を指している。小腸の泌別清濁の機能は、小腸が食度をさらに消化し、消化物中の清濁を分別することである。分別された清は脾の運化機能によって全身に運ばれ、濁は闌門(回盲部)から下がって大腸に至り、無用な水液は膀胱へ滲出してしいく。

小腸の機能失調は消化吸収に影響するが、これは蔵象学説の中で脾の運化の範囲の中に入れた。例えば、小腸の機能失調のため、消化吸収が悪くなると、腹脹、腸鳴、軟便などの症状が現れ、これらは脾失健運の範囲に入れているので、健脾の方法で治療が行われている。

この他、小腸の泌別清濁の機能は尿の量にも関係がある。 清濁を泌別する機能が正常であれば、大小便も正常である。一方泌別清濁の機能が失調になると、大小便の異常 となって現れる。例えば、尿量減少、大便稀薄、軟便などである。

すなわち小腸内の 水液の量は尿量に関係する。泄瀉(下痢)の治療法の中に「分利小便」という方法があるが、これは利尿を促すことにより、大便中の水分量を調節するというものであり、実際には「小便を利して、大便を実させる」という小腸の清濁を泌別する機能を調節している。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。