中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
心

心は、古くより、「心は五臓の首」「君主の官」といわれるように、五臓の中で首席に位するほど重要な臓器である。

位置と形態:

胸腔内にあり、横隔膜の上に位置する。桃の形をしていて心包がそれを守っている。

主な生理機能:

血脈を主る 。

神志を主る。(心は神(精神)を宿る所である)

五志、五液、五体、五華、五薮 との連係:

その志は喜、汗を液とし、体は脈に合し、その華は顔面にあり、舌に開竅する。

経脈の属絡関係:

手少陰心経と手太陽小腸経は、心と小腸で属絡の関係があるので、心と小腸は表裏と なっている 。

心の生理機能

血脈を主る(血の管理と脈の管理)

心と血管は直接連絡し、脈管は血液を運行する管道である。「心は血脈を主る」とは、心気の推進作用によって血液が脈中に運行され、身体各部位を滋養するという心の機能を指すものである。

血脈を主るという心の機能は、心気の作用により行われている。この心気が旺盛であれば、血液はたえまなく脈管中を運行し、血中の栄養物質は臓腑、組織器官及び四肢百骸にうまく輸送される。心の機能に異常が発生すれば、血液循環に変化をきたし、脈管の充満度、心拍の数、リズムもそれぞれ変化する。

神志を主る

いわゆる神志は精神意識、思惟活動及び生命活動能力の総合を指している。現代医学的には大脳の機能に相当するが、古人はこれらは心から産出されるとみており、心は「蔵神」(神をためる)、または「主神明」(神明を主る)ともいわれる。したがって中医学ではこの機能を五臓に分属させており、特に心との関係が密接であると認識している 。

「神」には広義と狭義の意味がある。広義の「神」とは、人体の生命活動の外的な現れを指している。人体の形象及び顔色、目つき、言語の応答、身体の動きの状態などは、すべてこの広義の「神」の範囲に属する。また狭義の「神」とは、精神、意識、思考活動 を指している。これはすなわち心が主宰している神志のことであり、中枢神経活動と理解していただければ納得しやすい。この精神、意識、思考活動は、人体の生理機能の重要な構成内容であるが、これらは一定の条件下では、人体の各方面における生理機能のバランスに影響を与えることがある。

心の生理的機能が正常で気血が充足しておけば、精神は充実し、意識や思考もしっかりし、物事に対する反応も速い。心に病変が生じると、精神や意識、思考活動にも異常が起こり、焦躁感(心煩)、驚きやすく動悸する(驚悸)、不眠、多夢などの心神不寧の症候が現われ、さらに進むと、うわごとをいったり、狂躁の状態になることがある。或いは反応が鈍くなったり、健忘、精神萎靡となったりすることもある。重篤な場合は、昏睡 、昏迷、認知障害などの精神異常の症状が発生する 。

「心は神志を主る」という機能と「心は血脈を主る」という機能の両者の間も関連しあっており、それを分けて考えることはできない。血液は精神活動の物質的基礎であ り、精神活動は血液の循環に関与し影響する。心に血脈を主るという機能があるから こそ、心は神志を主ることができるのである。

心の「血脈を主る」という機能に異常が生じると、神志面での変化が起こりやすい。 例えば、血液不足すると、心神不安を引き起し、心神不安があると、血行障害が起こりやすい。また心陰不足には動悸などの症候があるほか、不眠、多夢の症候も現われる 。

喜は心の志

「喜は心の志」とは、心の生理機能と精神情緒の「喜」との関係をいっているものである。蔵象学説では、喜、怒、憂、思、恐を五志と称しており、これらはそれぞれ五臓と関係があり、五臓に配属する。五志とは、外界の事物より起こる精神情緒の変化のことであり、これは五臓の生理機能により起こると考えられている。

「喜」は人体にとって良性の刺激であり、これは心の「血脈を主る」などの生理機能に対してプラスに作用する。しかし、これが過度になると、かえって心神を損傷することになる。これは「喜傷心」といわれている 。

一方、心の「神志を主る」生理機能には過度と不足がある。興奪し過ぎて喜びが過度になると、笑いが止まらなくなることがある。またこの機能が低下し過ぎると、ちょ っとしたことでもすぐ悲しくなる。ただし、心は神明の主であるので、過度の「喜」によって心の損傷が起こるだけでなく、過度の五志の変化によって心神を損傷するすることもある。

汗は心の液

汗とは、津液が陽気の作用により、玄府(汗孔)から出た液体のことである。汗の排泄は、衛気の腠理(そうり)開閉の機能とも関係がある。

例)腠理が開くと汗は排泄され、腠理が閉じていると無汗となる。汗は津液が化生した ものであり、血と津液は源が1つ(脾胃)であるから「汗血同源」といわれている。 そして心は血を主り、このため「汗は心の液」 となっているのである。心気虚と なると自汗が起こり、心陽虚となると汗がしたたるように出る。

臨症上、汗の異常を治療する時には、心の機能を調節することがよく考えられる。

体は脈に合し、華は顔面にある

脈とは、血脈のことである。心は「脈に合す」とは、全身の血液がすべて心に帰属していることを指している。 華とは、現れという意味であり「その華は顔面にある」とは、心の生理状態の現れは、顔面部の色彩、光沢の変化にあると解釈している。

頭部、顔面部は血脈が豊富であり「心気旺盛」であれば、血脈は充足し、顔面部の血色はよく、つやがあることになる。 逆に「心気不足」で あれば、顔色は暁白となり、「心血虚」の場合は、顔色につやがないこととなる。また「心陽不足」で 、瘀血がある場合には、顔色は青紫色になることが多い。

舌に開竅する

竅とは開竅する場所である。心の病変は舌によく反映されることから「舌は心の外候である」「心は舌に開竅する」といわれている。また舌は心臓の形に似ているので「心の苗」であるともいわれている。 

舌には味覚の識別と言語の表現という機能があ り、これらの舌の機能は、心の「血脈を主る」機能と「神志を主る」機能と関係がある。したがって心の生理機能に異常が生じると、味覚の変化とか舌強(舌がこわばる、言語障害)などが現われやすい。

一方、舌面は表皮に覆われておらず、血管も豊富なので、舌質の色彩、光沢によって、気血の運行状況と、心の「血脈を主る」という生理機能状態を知ることができ る。この「心は舌に開竅する」という考えは、古代の医家が長期にわたって生理、病理現象の観察を通じて得た理論である。心の病理変化と舌との関係は以下のようなものがある。

  • 心の陽気不足:舌質淡白、胖(舌が肥)、嫰(舌が痩)
  • 心気虚・心血虚:舌質淡、暗色
  • 心の陰血不足:舌質紅綽、薄痩
  • 心火上炎:舌尖、舌質紅、点刺、砕痛(しみるような痛み)
  • 心血瘀阻:舌質暗紫、或いは瘀斑。
  • 心血瘀阻:舌質暗紫、或いは瘀斑。
  • 神志を主る機能異常:舌巻、舌強、言語障害など

舌は心の外候だけではなく、脾胃の外候でもあるので、脾胃の病変は舌質、舌苔によ く変化が現われる。心の生理機能を蔵象学説によってまとめれば、心、血、脈の循環系統だけでなく、精神や意識、思考活動も含 まれている。

心気、心血、心陰、心陽

心気、心血は全身の気血の一部であり、心が生理活動を行う上での物質的基礎でもある。心気が旺盛で心血が充足しておけば、心拍動のリズムは均等で、脈象は緩やかで有力であり、顔色も紅潤でつやがある。

心気が不足して心血が虚すと、顔色につやが なく 、動悸が起こる。心気が不足すると血行が瘀滞するので、顔色の青紫や四肢が温まらないなどの症状が生じ、心血が虚すと濡養作用が不足するので、心気のよりどころが失われ、眩暈、神疲(元気がない 、気短(息切れ)、多汗などの症状が発生す る。 心気と心血は相互に依存しているのである。

心陰と心陽は、主に心の生理的機能において対立しつつ統一されている両面を意味する。心陽は、心拍動が有力で気血の運行をのびやかにし、精神活動を興奮させるような面を指し、心陰は、心拍動が均等で緩和であり精神活動が安静に保たれるという面を指す。両者は相互に制約しながら協調し、心がリズミカルな拍動を維持し、正常な生理活動を行うようにしている。心陰と心陽の相互制約、相互協調が行われるためには、心気と心血が充足していることが必要である。心の気血が不足すると、心の陰陽の偏衰を引き起こし、気血不足の 虚証がみられるだけでなく「陽虚すればすなわち寒」「陰虚すればすなわち熱」という病機で「虚寒」か「虚熱」の症候を伴うことになる。

心と他臓腑との関係

心と小腸

心と小腸は表裏をなす:

心の経脈は心に帰属するとともに、小腸にも連絡している。また同様に小腸の経脈も小腸に帰属し、心に連絡している。このように心と小腸は経脈の相互連絡を通じて、経絡上で属・絡の関係にあり「表裏をなす」と言われ、病理的にもある程度の関連性が認められている。

心火旺のために小腸に熱が移ったときには、口内炎(口舌生癒)や舌がしみるように痛みただれると同時に、尿が濃く少なく排尿時に灼熱感や疼痛を伴うという症状がみられる。

心と肝

心と肝の生理上の関係は主に血液と精神の面に現れ、依存関係とともに協同関係が存在する。

心は血を主り、肝は血を蔵する:

心は血液を推進し、肝は血液を蔵し、血液量を調節しており、すなわち前者は血液の循環を主り、後者は血液量の調節を主る。心と肝は血をめぐって協調して働いている。 この2つの臓が正常であれば、血脈は充実し、正常な生理機能を維持することができる。

例)心血が充満し、心気が旺盛であれば、血液の運行は正常となり、蔵血の役割を果たすことができる。一方、肝が貯蔵している血液が充満すると、そのときそのときの需要に応 じて血液量を調節し、心の推進作用を果たすことができる。心血が不足すると肝血も不足しやすく、また肝血不足になると、心血も欠損することが多い。血虚証では、心血不足からくる動悸や不眠などの症状と肝血不足からくる目がかすむ、爪の発育不良などの症状が同時に現れることが多い。

心は神志を主り、肝は疏泄を主る:

心と肝は精神、情志活動に大きく関与している。精神的要因で起こる病変では、心と 肝の2つの臓がしばしば相互に影響しあっている。

例)心神不安は肝失疏泄をもたらしやすく、ま た肝の疏泄を失うと心神不安も引き起こされやすい。この場合、心煩、不眠、いらいらして怒りやすいなどの心肝火旺の症状が現れやすい。

心と脾

心は血を主り、脾は生血、統血を主る:

心と脾の生理上の関係は、血の生成と運行という2方面に現われる。血の生成においては、生化の源である脾気が充足していると、血の生化は順調に行われ、さらに心の主る血も自然に充足してきて心神を充たし養う。また経脈中での血の運行は、心気の推進作用と 脾気の統血作用により、脈内にスムーズに流れることを維持している。

病理上は心と脾が相互に影響して現われることが多い。

例)脾気が虚すと運化作用も低下し、血液の生成が不良になる。血液生化が不足する と心血も不足となる。心血不足は、脾の機能、特に脾の統血機能を阻害する。思慮過度になると、心血が消耗され、ついで、脾の運化作用にまで影響が及ぶ。このように悪循環を繰り返すと「心脾両虚」という状態になり、心悸、不眠、食欲不振 、四肢倦怠、顔色が悪いなどの症状が現れる。

心と肺

心は血を主り、肺は気を主る:

心と肺はともに上焦に位置している。心と肺の生理上の関係は、血と気の関係に代表される。 血の運行は、気の推進作用によって行われており、また、気の輸布にも血の 運載作用が関与しており、肺は気を主り、心臓の血行推進を促進する作用を有している。このため、肺の呼吸を主る機能が正常であれば、血液の正常な運行を行なうことができる。「気は血の帥」「血は気の母」といわれており、心血と肺気は相互に依存 しながら働いている。

病理上、肺気が虚弱であれば宗気も不足し、血を運行する力も弱くなり、そのために心の血脈を主る機能に影響が及んで血脈の運行が阻害され、血脈が瘀滞すると、胸悶、心悸、息切れ、唇や舌が青紫になるといった症状が生じる。また心気不足、或いは心陽不振の ために血脈の運行が十分でなくなると肺気の宣発、粛降機能にも影響が 及んで、咳嗽、喘息、呼吸困難といった症状が発生する。

心と腎

心は上焦にあり、火に属す:

腎は下焦にあり、水に属す。心と腎の生理上の関係は主に2つの面に現れている。

  • 心陰心陽と腎陰腎陽との間の依存関係
  • 心血と腎精の間の依存関係

心は上焦にあって陽に属し、腎は下焦にあって陰に属す。

水と火との関係に相当し、程よいバランスが保たれなければならない。心は火を主り、腎は水を主る。 心と腎は、昇降関係にあり、正常な状況の下では、心の陽は下に下って腎の陽に交わり、腎陽を助けて腎水が冷えすぎないように温めている。また、腎の陰は上に上って心に至り、心陰を滋養して心陽が亢進しすぎないように冷やしている。このように心と腎の間には相互制約、相互依存の関係があり、この関係は「水火既済」「心腎相交」「心腎相通」とよばれている。

この関係が失調すると「心腎不交」の病態が現われる。

例)腎陰が虚して心に上昇できなくなり、心陽が心陰の衰退とともに高揚し、イライラしたり、不眠になったり、いわゆる「心火熾盛」(心の火が盛んに燃えている)の症候が現われ、もし心火が内熾(内で燃えている)してしまうと心陽は腎と交わることができず、腎陰を吸収し「心腎不交」の 状態となり、イライラする、心悸、腰痛、遺精などの症候が現われ、さらに心陽がたかぶり「心火上炎」の状態になると、口内炎、舌の爛れ、口舌少津、五心煩熱などの「陰虚火旺」の症候が現われる。

心は血を主り、腎は精を蔵する:

血と精とは、相互に化生しあうことができ、どちらかの不足を補いあうようになっている。腎精の欠損と心血の不足との間には、互いに因果関係が存在する。心は神を蔵 し、腎精は髄を生じ、脳は精髄で組成されている元神の府であることから、腎精や心血が欠損すると、どちらも不眠、健忘、多夢といった神志方面の症状が現れる。

心包

心臓は心包の中にあり、膻中は心臓の外にある。心包は「心包絡」、或いは「膻中」 ともいわれいる。これは心臓の外面を包んでいる膜であり、心臓を保護する作用がある。

経絡学説によると、手厥陰経は心包に属しており、これは手少陽三焦経と表裏の関係にあるので、心包は臓の1つとされている。 蔵象学説では、心包は心の外郭であり 、心臓を守る作用があると考えており、病邪が心を侵襲するときには、まず心包がその影響を受けて発病することになる。

温病学説では、外感熱病に現れる意識不明やうわ言などの症状を「熱入心包」とか「痰蒙心包」によるものとしている。

実際には、心包の病変はすべて心の病変と考えてよい。

  食べる医学
【薬膳アドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/yakuzen-advicer-lp/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。