中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
肝

肝は剛臓であって昇を主り、主動性を持っている生理的特徴がある。そのため「将軍の官」といわれている。

位置と形態:

上腹部に位置し、横隔膜の下、右脇の内にある。

主な生理機能:

  • 疏泄を主る。
  • 蔵血を主る。

五志、五液、五体、五華、五窮と の連係:

その志は怒、涙を液とし、体は筋に合 し、その華は爪にあり、目に開竅する。

経脈の属絡関係:

足厥陰肝経と足少陽胆経によって属絡関係があるばかりでなく、肝と胆は直接つながっているので、表裏となっている。

五行では肝は木に属し、動、昇を主る。肝の主な生理機能は「疏泄を主り」「血を蔵す」 「筋を主る」である。「蔵血」は血液の貯蔵と血流の調節を「主筋」は全身の筋肉、関節などの正常な運動の維持をそれぞれ示している。

肝の生理機能

疏泄を主る

疏とは疏通、泄とは発散、昇発のことである。「疏泄」 は気機の調節、精神情緒活動、胆汁の分泌と排泄などを調節することを指している。 肝の疏泄機能は肝が 剛臓で あって昇を主り、主動性を持っているという生理的特徴に現れている。これは以下の4 つの面に現れる。

気機の調節:

気機とは、気の昇降出入の運動のことであり、人体の気血、経絡、臓腑、器官などの活動は主にこの気機運動の作用である。気機が順調でのびやかであるか否かは、肝の疏泄機能が正常であるか否かによって決まる。

肝の疏泄機能が正常であれば気機は スムーズに働き、気血は調和し、経絡は通利し、臓腑、器官の機能も正常に行なわれる。肝の疏泄機能が異常になると、以下のような病理変化が現れる。

  • 気機の疏通が悪くなると、気機鬱結という病理変化が発生する。肝気が肝自体、及び、その経脈で鬱結すると、胸脇部、乳房、少腹(下腹部両側)などの局部に脹痛、不快感が現れる 。
  • 肝気の昇発が盛んになり過ぎて、肝気上逆という病理変化が生じる。頭目脹痛、面紅目赤、怒りっぽいなどの症状が現れる。「気めぐれば血めぐる」という関係があるが、気が昇りすぎると、血も気とともに上逆し、吐血、喀血などの症状が現れる。突然意識障害になるものもある。さらに血液の運行と津液の輸布、代謝に影響が及ぶ。血液の運行と津液の輸布、代謝は、気機の働き状態に依存しているため、肝気が鬱結すると、血行も障害され、瘀血を生じると、癥瘕、痞塊などの病変が形成される。女性では生理不順、生理痛、閉経などが現れやすい。 肝の条達機能の失調や肝気鬱滞は、また津液の輸布にも影響を与え、水液代謝障害を起こし、痰飲などの病理産物が形成される。

脾胃の運化機能を促進:

脾は昇清 を主り、胃は降濁を主っており、脾胃の運化機能の重要なポイントは脾の昇清と胃の降濁のバランスである。この脾胃の昇降が正常であれば、食物をうまく消化、吸収し輸送することができる。肝の疏泄機能と脾胃の昇降とは密接な関係がある。

この肝気の疏泄機能は、脾胃が正常な昇降運動を行うための1つの重要な条件となっている。例えば、肝の疏泄機能が失調すると、脾の昇清機能だけでなく、眩暈、未消化下痢が生じ。

胃の降濁機能にも影響が及び、曖気、嘔吐、院腹部の脹痛、便秘などの症状が現れる。前者は「肝気犯脾」と言い、後者は「肝気犯胃」といい、これを総称して「木旺乗士」と称される。

胆汁の分泌と排泄:

胆は肝葉の間に附き、胆汁を貯蔵し、肝に連なり、肝胆の経脈は絡属して表裏をなす。胆汁の形成と分泌は肝に由来しており、肝の余気が集まって生成されているといわれるように、胆汁の分泌と排泄は肝の疏泄のうちの重要な一面である。肝の疏泄が 正常であれば、胆汁も正常に分泌、排泄され、脾胃の運化機能を助ける。

しかし、肝の疏泄機能が失調すると、胆汁の分泌と排泄に影響を及ぼし、脇肋部の脹痛、腹満、口が苦い、黄色い水様物の嘔吐、食欲不振、消化不良、ひどいときには黄疸などの症候が現れる。

情志の調節:

中医学では人の情志活動はすべて「心の神明を主る」という生理機能と関係があると考えているが、また「肝の疏泄」とも密接な関係があるとしている。肝の疏泄機能が 正常であれば、気機は正常に働き、気血は調和し、気分もよくなる。しかし、肝の疏泄機能が失調すると、情緒に変化が起こりやすくなる。これは抑鬱と興奮の2つに分け られる。肝気が鬱結すると憂鬱状態になりやすく、わずかな刺激を受けただけでも、深い鬱の状態に入りやすい。

また肝気が昇発しすぎると、イライラしやすくなり、わずかな刺激でも怒りっぽくなる。これらは肝の疏泄機能が精神情緒に及ぶ影響である。一方、外界の精神的刺激、とくに「怒」は肝の疏泄機能に影響を及ぼしやすく、これにより肝気鬱結、或いは昇泄過多の病理変化が起こることもある。

「肝は疏泄を主る」には上記の4つの面があるが、相互に関係があり、相互に影響しあう。 気機の失調は精神情緒の活動に影響するとともに、胆汁の分泌、排泄にも影響を与える。

胆汁の分泌、排泄が異常になると、脾胃の運化機能に影響が及んで気機が失調し、さらに精神情緒活動にも変動が生じることがある。このように、疏泄の4つの面を個別に静止的にとらえるのではなく、相互に関連して影響を与えるという立脚に立って理解すべきである。

蔵血を主る

「肝蔵血」 とは、血液を貯蔵し、血液量を調節する肝の生理機能を指している。人体各部分の血液は生理的な変動に応じて血流量が変化している。労働や勤務の時には、血液が全身各部位に分布して正常な活動の需要をみたし、休息や睡眠のときには、一部の血液が肝に貯蔵される。このことについて、唐代の王冰は「肝は血を蔵す、心は これをめぐらす。

人動ければすなわち血を諸経に運び、人静かなればすなわち血は肝に帰す。肝は血海を主る所以なり」といっている。肝の蔵血機能には人体各部位の血液量を調節する作用があり、肝が血液の貯蔵と血液量の調節作用を持っているため、人体内の各部分の生理活動は、すべて肝と密接なつながりがある。

肝の「蔵血」の機能が失調すると、血虚や出血が起こるだけでなく、様々な部位に栄養不良による病変を引きおこす。主に以下の2つの状況が出現する。

  • 肝の蔵する血液量の不足で、全身各部位に分布した血液が生理的活動の需要を満たすことができない。例えば、血が目を養えない(血不養目)と、眼がかすむ(目花)、眼の乾燥感や異物感(目乾渋)、夜盲などが、血が筋を養えない(血不養筋)と、筋肉の痙攣、肢体のしびれ、屈伸不利などが、血が衝任二脈に注がないと、月経量減少、閉経などがそれぞれ現れる 。
  • 肝の血を蔵する機能の減退で、月経過多、崩漏(不正性器出血 )、その他の出血などの出血傾向が現れ「肝不蔵血」と呼ばれている。肝の血液量を調節する作用は 、実際には肝の疏泄機能の血液循環に対する働きの1つである。したがって肝の血液量調節の 機能は、蔵血と 疏泄機能のバランスが保たれて初めて正常に行われるのである。昇発過多や、蔵血機能の減退は、各種の出血症を引きおこし、また疏泄のカが不足すると、肝気鬱結になって瘀血が発生する。

この他、蔵象学説では「肝は魂を蔵す」という説がある。 魂はすなわち神の変じたものであり、神から派生してできたものである。魂と神とは、どちらも血をその主な物質的基礎としている。心は血を主って神を蔵しており、肝は血を蔵して、魂を蔵している。肝の蔵血機能が正常であれば魂の舎る所があり、魂は安定している 。

しかし肝血が不足して、心血が欠損すると、魂も舎るところがなくなり、驚きおびえる、よく夢をみる、不眠、寝言及び幻覚などの症状が起こるようになる。

怒は肝の志

肝の志は怒である。怒とは、人間の気分が激しくなったときの一つの情志変化である。怒は生理活動にとって、良くない感情であり、気血を上逆、陽気  を昇泄させることができる。

肝は疏泄を主っており、陽気の昇発は肝の働きによるものであることから、怒は肝の志とされている。激しく怒ると、肝の陽気の昇発が度を越すことになるので「怒は肝を傷る」といういい方もされている。

肝の陰血が不足すると、肝の陽気の昇泄が過剰となり、ちょっとしたことでも怒りやすくなる。

涙は肝の液

肝は目に開竅する。涙は目から出て、目を潤して保護する役割を果たしている。正常ならば、涙の分泌は目を潤す程度であり、外には溢れ出ない。

ただし異物が目の中に入ったときは、涙が多量に分泌され、目を清潔にし異物を排除する。病理状態では、涙の分泌が異常になる。

例)肝の陰血が不足すると、目の乾燥感や異物感、視力減退、夜盲が、肝火上炎では目の充血、腫脹、疼痛が、肝経に風火、或いは湿熱があると、目やにが増え、風に当たると涙が出るなどの症状が現れる。極度の悲しい状態では、涙の分泌量が多くなる。

体は筋に合し、華は爪にある

筋とは、筋膜のことであり、関節に集まって骨に付着している。これは関節、筋肉を連結する組織の一種である。「肝が筋を主る」とは、主として筋膜が肝血の滋養を受けており、全身の「筋」の運動が肝に関係していることを指している。

肝血が充足していれば、肢体の「筋」は充分に滋養されて正常な運動を維持することができる。肝血が不足すると、筋を養うことができず、手足のひきつり(拘攣)、肢体のしびれ、運動障害(屈伸不利)などが生じる。肝風内動では、手足の振顧、痙攣、後弓反張などが現れる。

爪甲とは手足の爪のことである。爪は筋の延長であり「爪は筋の余となす」といわれ ている。肝血の状態は爪に影響を与える。肝血が充足していると、爪は強靭であり、紅潤でつやがある。肝血が不足すると、爪はもろく薄 くなり、色が淡くひどいときには変形になるので「その華は爪にある」といわれているのである。

目に開竅する

目は「精明」ともいい、視覚器官である。

肝の経脈は上って目系に連絡している。そして視力は肝気の疏泄と肝血の滋養によって維持されている。このことから「肝は目に開窮する」といわれている。

肝が目に開竅するということから、肝の機能が正常であるか否かはしばしば目に現れている。肝の陰血が不足すると、両目が乾き、ものがはっきり見えなくなり、或いは夜盲になる。 肝経に風熱があると、目赤痒痛(結膜炎)が起こる。

また肝火が上炎すれば、目赤生翳(翳とは角膜混濁のこと)が、肝陽が上亢すれば、眩最が、肝風内動すれば斜視、上視(脳卒中によるもの)などの症状が現れる。

ただし、目は肝の外竅ではあるが、五臓六腑の精気はすべて目に上注するため、目は五臓六腑すべてと内在的に連係している。とくに密接な関係があるのは、肝以外では心と腎であり、心火では目の充血(目赤)が、腎陰虚では視力減退が発生するなどである。

肝気、肝陽、肝血、肝陰

肝気と肝陽は生理的には一体であり、主に疏泄機能をあらわす。肝陰と肝血も生理的 には一体であるが、肝陰の方が肝血より意味が広い。肝気、肝陽と肝血、肝陰は、正常状態では相互依存、相互制約の関係にある。

肝陰、肝血は肝の陽気を濡養すると同時に陽気が昇動しすぎないように制約しており、逆に肝陰、肝血は肝の陽気による疏泄を通じて肢体、筋脈、目、衝脈、任脈など を濡養することができる。

肝の特性は「条達をこのむ」と同時に昇動しやすいことで「肝は剛臓」といわれている。病理的には、肝の疏泄が失調すると「肝気鬱結」によって肝血の瘀滞を引きおこ し、気鬱化火によって肝陰、肝血を消耗する。

肝陰、肝血が不足すると、肝の陽気を制約できなくなって陽気が昇動しすぎ「肝陽上亢」という状態が生じる。これらは、肝の陰陽、気血が失調した病理的症候である。

肝気鬱結や肝陽上亢が肝の陽気の病理的変化であるように、肝の病変では大多数が陽気の有余をあらわすのが特徴であり、他の臓腑の陽気が病理的状況では不足をあらわすことが多いのとは異なっている。 

肝陰、肝血は他の臓腑と同様に、病理的状況では虚を表わすことが多い。したがって、古人は「肝気、肝陽は常に有余し、肝陰、肝血は常に不足する」と述べているのである。

肝と他臓腑との関係

肝と胆

胆は肝に付属しており、肝葉の間にあり、肝臓と胆嚢は直接関連している。両者は経脈上の絡属のつながりがあり、表裏関係をなしている。さらに胆汁の根源は肝にあり、肝の余気が胆に排泄され、そこで凝集して生成されたものが胆汁であるとされている。

生理上、病理上ともに肝胆は密接な関係があり、一方の機能失調は他方に波及し、互いに影響しあい、最終的には肝胆両者の失調となる。証候としては、肝胆火旺証や肝胆涅熱証などが現れる。

肝と肺

肝と肺の生理上の関係は主に気機の調節の面での協同作用と依存関係に現れている。

肝は昇発を主り、肺は粛降を主る

肺は気を主り、一身の気の充足と調節を維持し、肝は疏泄を主り、全身の気機の運動を促進している。肝と肺とは、気機の昇降に大きく関与している。肝は下焦に位置し「陰中の陽臓」(剛臓)とされており(陰中の陰臓は腎である)、その経脈は下肢か ら上って横隔膜を貫き肺に注いでいる。肝気の特性は昇発である。

また、肺は上焦に あり「陽中の陰臓」とされており(陽中の陽臓は心である)、肺気の特性は粛降である。 したがって、肝と肺とは陰陽昇降をうまくかみあって、人体の気機の昇降の重要な部分を構成している。昇発が正常であれば、肺気の粛降に有利であるし粛降が正常であれば、肝気の昇発に有利である。

肝と肺の相互間に起こる病理:

肝の失調が肺に及ぶ影響:

肝気が鬱結し、気鬱により火が生じると、火邪は肝経を循って肺に到達し、肺の陰液を灼傷すると、脇痛、怒りっぽくなり、さらに咳嗽、少痰、胸痛、喀血などの症候が現れる。

肺の清粛の失調が肝気や肝陽の昇発に及ぶ影響:

肺の清粛が 失調すると、肝気や肝陽の昇発が過度になる。症状としては咳嗽と同時に、胸脇部の疼痛や脹満、眩量、頭痛、顔面の紅潮、目赤などがある。

肝と脾

肝と脾の生理上の関係は主に消化機能面での依存関係と血液運行面での協同作用に現れている。肝は蔵血、疏泄を主る。脾は統血と運化を主り、気血を生化する源である。 肝と脾の関係は、肝の疏泄と脾の運化関係である。

肝は血を蔵し、疏泄を主る

脾は統血、運化を主り、気血生化の源である

肝と脾の関係

消化機能面での依存関係:

肝は疏泄 を主り、脾の気機を通調し胆汁を分泌することにより脾の運化に協力してい る。脾気が盛んで運化機能が正常であれば、肝の疏泄もスムーズに行われ、脾胃の昇降、運化作用も健全となる。

五行では、肝と脾は相克の関係にあり、肝の疏泄作用が 失調すると脾胃の働きにも影響しやすく 、昇降、運化作用に障害が起こると「肝脾不和 」「肝胃不和」といった証候が現れる。これらには精神の抑鬱や激怒により胸脇疱満、食欲不振、食後の 腹脹、曖気などの症状が現れる。

脾気の統血作用、生血作用と肝の蔵血作用の密接な関係:

肝と脾は血液の正常な運行を保つ上で重要な協同作用を果している。脾の働きによって肝血は滋養され、肝は体内の血液量の調節をうまく行っている。

脾気不足のために気血の生化が充分でなかったり、統血できなかったりすると、肝血も不足して眩量、身体や四肢のしびれ、筋脈の痙攣、目のかすみ、月経不順、各種出血などの症候が現れる。

肝と腎

肝と腎の生理上の関係は主に血と精の間と陰液の間の相互依存関係に現れている。肝は血を蔵し、腎は精を蔵す。

血と精の間には相互滋生と転化の関係が存在している。肝血の化生は腎中に蔵されている精の作用に依存し、腎精の充足はまた肝血の滋生に頼っている。このことを「精血同源」と称している。

肝と腎中にはそれぞれ陰液があり、その肝陰と腎陰とは一息一息相通じ、相互に滋生 しあい、協調と充足が維持されている。このこと を「肝腎同源」と称している。

また、肝と腎には強い関連性がある。経脈上では、肝と 腎は多くの場所で交会し連係 しているほか、生理的、病理的にも相互資生、相互制約しており、治療面でも肝腎を同治することが多い。

肝は血を蔵し、腎は精を蔵す:

肝血は腎精の滋養を受けており、腎精もたえず肝血による補充を受けている。したがって、病理上でも肝血と腎精とは常に影響しあっており、肝血の不足は腎精の欠損を生じ、腎精の欠損は肝血の不足を引きおこし、いずれも「肝腎陰虚」という病変が 生じる。

逆に肝火や肝陽上亢では肝血を損傷するだけではなく、腎精も消耗し、腎陰不足を引きおこすことにもなりやすい。治療では養肝と滋腎の治法をよく併用する。

肝は疏泄を主り、腎は閉蔵を主る:

肝の疏泄と腎の閉蔵には相互制約と相互調節の関係があり、主に女性の月経の来潮と 男性の精子排出の機能として現れる。両者の機能が失調すると、女性では月経不順、月経過多、或いは閉経、男性では遺精、滑精、射精不全などが発生する。治療上は肝腎同治の方法をよく用いる。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。