中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
脾胃

脾は消化器系の主要な臓器であり、消化活動は脾と胃によって行なわれている。生命活動の維持及ぴ気血津液の生化は、どちらも脾胃の水穀精微に依存している。このこ とから「脾胃は気血生化の源」「後天の本」と言われている。

位置と形態:

脾は中焦にあり、横隔膜の下に位置する。

主な生理機能:

  • 運化を主る。
  • 昇清を主る。
  • 統血を主る。

五志、五液、五体、五華、五窮との連係:

その志は思、涎(よだれ)を液とし、体は肌肉に合し、その華は唇にあり、口に開竅する。

経脈の属絡関係:

足太陰脾経と足陽明胃経は脾と胃で属絡関係にあり、脾と胃は表裏 となっている。

脾の生理機能

運化を主る

運とは、伝送、運輸であり、化とは、消化吸収のことである。これは水穀を精微と化し、全身に輸布する生理機能のことである。脾の運化機能は、水穀の運化と水液の運化の2つからなる。

 水穀の運化:

水穀の運化とは、飲食物の消化と吸収のことである。飲食物は胃に入ると、消化吸収 されるが、実際には胃と小腸で消化吸収が行われる。しかしこれは脾の運化機能に依存しており、それにより水穀の精微に変化させ、また脾の輸布と散精の機能により、水穀の精微を全身に送る。

すなわち水穀精微を運化、輸布する脾の機能は、実際には消化、吸収、輸送などの生理的機能を包括しているのである。脾の運化機能が正常で あれば、生体の消化、吸収機能も健全であり、臓腑、経絡、四肢百骸及ぴ筋肉皮毛な どの組織に必要な栄養がとどき、正常な生理活動を営むことができる。しかし脾の運化機能が失調、すなわち脾失健運になると、腹脹、便溏(軟便)、食欲不振となり、また倦怠感、消痩(痩せやつれる)や気血生化不足などの病変が起こる。そのため「脾胃は後天の本、気血生化の源」といわれている。

水液の運化:

水液の運化は「水湿の運化」ともいわれ、水液の吸収、輸布の作用を指している。これは脾の運化作用の1つである。吸収された水穀精微に含まれる余った水分はこの作用により肺と腎へ送られ、肺と 腎の気化作用により汗、尿に変え、体外に排泄される。水液を運化する脾の機能が旺盛であれば、水液が体内で停滞することなく順調に流れ、湿や痰飲などの病理的産物が形成されない。しかし脾の水液運化の機能が失調すると、水液が体内に停滞し、湿、痰飲などの病理的産物が生じ、また水腫となること もある。これが「脾虚生湿」「脾虚生痰」「脾虚泄瀉」「脾虚水腫」などの病理機序に相当する。そのため「脾は生痰の源である」といわれている 。

水穀と水液の運化は、分けることができるが、別物ではない。脾の運化は、生理機能 というだけではなく、生命活動にとっても重用である。そのため脾胃を「後天の本」とか「気血生化の源」といわれている。これは飲食物の栄養を消化吸収する作用の重要性をまとめているものである。

昇清を主る

昇とは、脾気が上昇する運動をいい、清とは、水穀の精微などの栄養物質のことである。「昇清」とは、すなわち水穀精微などの栄養物質を吸収し、その栄養物を心、肺、頭部、顔面部へ上らせ、心肺の働きによって気血を化生し、その栄養を全身に送 ることを指す。これは「脾気主昇」ともいう。

脾の昇清機能が正常であれば、水穀の精微などの栄養物質がうまく吸収、輸布される。脾気の昇発がうまく行われていると、内臓の下垂はおこらない。このため「脾以昇為健」(脾気は昇を健全とする )という。

脾気の昇清がうまく行われないと、水穀はうまく運化されず、気血生化の源が不足するので、神疲(精神疲労、倦怠感)、乏力(疲れ、気力がなくなる)、頭目眩量、腹脹、泄渡などの症状が起こりやすくなる。脾気下陥になると、久泄、脱肛がおこり、ひどくなると内臓下垂がおこる。

統血を主る

「脾統血」とは、脾が 血を生成するだけでなく、血液を統摂して脈中を循行させ脈外に溢出させない機能を持っていることを示す。脾の統血作用は、実際には気の固摂作用によるものである。脾は気血を生化する源であるから脾の運化機能が健常であれば、気血は充足することとなる。血が生成するとともに気によって血を統摂することができる。

すなわち「脾統血」とは「気はよく摂血する」(気能摂血)と同じ意味である。脾の運化が低下して気血生化が不足すると、血液を統摂できなくなって出血が現れた状況を「脾不統血」といわれている。 例えば、血便、血尿、崩漏(不正性器出血)などである。この種の出血は、気が虚したために発生するので「気不摂血」と同義であるが、習慣的に気虚によるこれらの出血を「脾不統血」といっている 。

思は脾の志

思とは思考、思慮のことであり、精神、意識、思考活動の1つである。

思は脾の志とされているが「心は神明を主る」とも関係がある。正常に思考する場合には、生理活動に対して悪い影響を与えないが、思慮のしすぎや、思っていることがスムーズにいけないと、正常な生理活動に影響を及ほすことが多い。

その中で最も影響を受けやすいのは気の正常運動であり、気滞と気結を生じやすい。これは臓腑の生理機能のうち脾の運化機能にその影響が現れやすい。

例)中焦に気結があると、脾の昇清を障害する。思慮過度があると、食欲不振、院腹の脹悶感、眩暈などの症状が現れる。

涎(よだれ)は脾の液

涎は口津であり、透明で水っぽい唾液を涎という。 これには口腔粘膜を保護し、口腔を潤す作用がある。食事をする時には、その分泌量が増え、嚥下と消化を助けている。涎は脾から胃にこぼれたものと言われている。

正常であれば涎液は口に上がるが、口外に溢れることはない。しかし、脾胃不和になると、涎液の分泌量が急激に増え、涎が口から溢れ出るようになる。このことから涎は脾液といわれている。

体は肌肉に合し、四肢を主る

脾胃は気血生化の源であり、全身の筋肉は脾胃が運化した水穀の精微により濡養(栄養、滋潤)され、豊満、健壮となる。体の肌肉が健壮であるか否かは、脾胃の運化機能、及び脾気の昇清機能と関係がある。

脾胃の運化が正常に維持されて全身の栄養状態が充足することは、肌肉が壮実で四肢の活動が有力であるための重要な条件である。それに障害があると、肌肉が痩せて四肢は無力となり、ひどい場合には、軟弱無力(萎縮)することもある。四肢は体幹に対して、人体の末端なので「四末」ともよばれている。

四肢も脾胃の運化から得られた水穀の精微によって栄養され、正常な生理活動を維持している。脾気が正常であれば、四肢は十分に栄養され、運動も正常に行える。脾の運化機能が失調すると、昇清も充分できなくなり、四肢の栄養が不足し、倦怠感、無力感が生じ、四肢の萎縮を引き起こすこともある。

口に開竅、華は唇にある

口腔は消化道の最上端である。「脾は口に開竅する」とは、脾胃の運化機能が食欲や味覚に関連していることを示している。脾胃の運化が健全であれば、食欲は増進し、味覚も正常である。脾が健運できなくなると、食欲の変化のほか、口に味が薄い(口淡)、口が甘い(口甜) 、口がねっとりする(口脹)、口が苦い(口苦)などの味覚の異常が現れ、これらは食欲に影響する。

口唇の色や光沢は 、全身の気血の充足度と関係がある。脾は気血を生化する源であり、口唇の色沢が紅潤であるかどうかにより全身の気血の状況がわかる。またこれは脾胃の運化機能の状態も示している。

  食べる医学
【薬膳アドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/yakuzen-advicer-lp/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。