中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
肺

肺は臓腑のうちでは最も高いところに位置しているから「臓の蓋」と呼ばれている。 肺葉は柔らかく、寒熱に弱く、外邪に犯されやすいことから「嬌臓」(きゃしゃな臓)といわれている。

位置と形態:

胸腔に位置し、心臓の両側、左右に1つずつある。 蜂の巣状の構造をしている。

主な生理機能:

  • 気を主り、呼吸を司る。
  • 宣発と粛降を主る。
  • 水道を通調させる。
  • 百脈に朝じ、治節を主り、心臓を補佐して気血の運行を調節する。

五志、五液、五体、五華、五竅との連係:

その志は憂、沸(はなみず)を液とし、体は皮に合し、その華は毛にあり、鼻に開竅する。

経脈の属絡関係:

手太陰肺経と手陽明大腸経は、肺と大腸で属絡関係にあり、肺と大腸は表裏となっている。

肺の生理機能

気を主り、呼吸を司る

肺には「一身の気」を主る作用と「呼吸の気」を主る作用がある。 肺の「一身の気を主る」作用は、全身の気はすべて肺に属し、肺がそれを調節しているという意味である。主として気の生成、特に宗気の生成における作用を指している。これは肺から吸入される清気と、脾胃が運化する水穀精微とが結合することによって生成される。

したがって肺の生理機能は、宗気の生成に直接影響するし、全身の気の生成にも影響する。また、肺の「一身の気を主る」作用は、全身の気機(気の運動状態)に対して調節を行っている。肺のリズミカルな「呼」と「吸」は、全身の気の昇降出入に対して重要な調節作用を行っている。

「肺は呼吸の気を主っている」が、これは肺が体内外の気体交換を行う場所であり、肺の呼吸を通じて、自然界の清気を吸入し、体内の濁気を吐き出しているからである。 

これにより気の生成は促進され、気の昇降出入は調節され、人体の正常な新陳代謝が行われる。したがって、呼吸の機能が失調すると、宗気の生成と気の運動に影響し、全身の気や呼吸の気を受け持つ肺の機能も弱くなる。また気の不足や昇降出入の 異常となれば、肺の呼吸運動にも影響を及ぼす。

宣発と粛降を主る

「宣発」とは、宣通と布散の意味であり、すなわち肺気が全身及び体外に発散することである。また「粛降」には、清粛、清潔、下降の意味があり、すなわち肺気が下に通降し、呼吸道の清潔を保持する作用を指している。

宣発作用:

  • 肺の気化作用に よって、体内の濁気を排出する。
  • 脾により輸送される津液と水穀の精微を全身に布散(輸送)し、皮毛に到達させる。
  • 衛気を宣発し、膝理の開閉を調節する。これにより代謝後の津液を汗に変え、体外に排泄する。

したがって肺失宣発(肺気の宣発がうまくいかない)になると、呼気不利、胸悶、咳喘及び鼻詰まり、くしゃみ、無汗などの病理現象が起こる。

粛降作用:

  • 自然界の清気を吸入する。
  • 肺から吸入された清気と、日から肺に運んできた津液、水穀の精微を下に輸送する作用がある。
  • 異物を取り除き、肺と呼吸道を清潔な状態に保持する。
  • 肺気を腎に下降させる。

したがって肺失粛降(肺の粛降がうまくいかない)になると、呼吸が急迫したり浅くなったりし、また咳痰、喀血などの病理現象が起こる。

肺の宣発と粛降:

肺の宣発と粛降の2つの生理機能は、相反する動きである。正常な状況下では、相互に依存しあっており、また相互に制御しあっているが、病理的状況下では、常にこれらは相互に影響しあう。

例えば、宣発機能が正常に働かなければ、粛降機能もその影響 を受け、粛降機能が正常に働かなければ、宣発機能もその影響を受ける。 この2つの機能が正常であれば、気道は通り、呼吸も程よく調節され、体内外の気体交換が正常に行われる。この2つの機能が失調すると「肺気不宣」「肺失粛降」という病変が生じ、咳嗽、呼吸急迫、喘息などの肺気上逆の症候が見られる。

水道通調の作用

通は、疎通、調は、調節の意味である。水道とは、水液が運行、排泄するための通路である。水液代謝は、脾、肺、腎、大腸、小腸、膀胱など多くの臓腑が共同して行われている。

肺が水液を調節する作用を「通調水道」といい、肺気の持つ宣発と粛降機能は、協調して体内の水液代謝に作用し、体内における水液の輸送、排泄を疎通、調節している。その作用には 、主に次の2つがある。

  • 脾から送られてくる水液は、肺気の宣発機能により全身に輸布され、その一部分は汗となって体外に排泄される。
  • 一方、不必要な水液は肺の粛降機能により膀胱に輸送され、腎と膀胱の気化作用によ り尿液となり体外に排泄される。

このように肺は水液代謝の調節に参与し、水液代謝を調節する作用を持っているので、「肺は水の上源」 「肺は行水(水のめぐり)を主る」といわれている。

肺気の宣発機能が失調して腠理が閉じると、汗が少なくなり、筋と皮膚に浮腫が出現する。また肺気の粛降機能が不調になると、痰飲、浮腫、排尿困難となる。これらは肺の通調水道の作用が失調して発生する病理現象である。

百脈に朝じ、治節を司る

「朝」とは、集合という意味がある。「肺朝百脈」とは、全身の血液は経脈を通じて 肺に集まり、肺の呼吸により気体交換が行われ、再び全身に送り出すことを指している。これが肺の「百脈に朝じる」という機能である。

全身の血と脈は、心が統率しており、心臓の拍動が血液循環の動カである。また血の運行は気の推進機能に依存しており、血は気の昇降運動により全身をめぐっている。

肺には「一身の気を主る」機能があり、また呼吸を主っており、これにより全身の気機が調節されている。肺の呼吸機能が正常であることは、宗気生成の根本条件であり、宗気が心脈を通して全身に散布される。 

したがって血液の運行はこの肺気の輸送と調節に依存している。 気は血がなければ安定せず、血は気がなければ動かないことになる。

「治節」には、管理と調節の意味があり、肺の治節作用は次の四つの面に現れる。

呼吸を調節:

肺は呼吸を主っており、これにより人体の呼吸運動が 一呼一吸規則正しく行われている。

気の昇降出入を調節:

肺の呼吸により、全身の気機運動(昇降出入)が管理、調節されている。

血液運行の推進、調節:

肺は気機を調節することにより、心臓の働きを助け 、血液の運行を推進、調節している。

肺の宣発、粛降機能により、津液の輸布、運行と排泄を管理・調節している。

「治節を主る」とは、肺の主な生理機能を概括したものである。

憂は肺の志

「憂は肺志」といわれている。憂と悲は異なる情志(感情)変化であるが、人体の生理活動に及ぼす影響は、よく似ている。憂と悲は、ともに肺志とされている。

憂愁と悲傷は、いずれも不良刺激による情緒の反応であり、これにより人体の気は徐々に消耗され、意気消沈となる。 肺は気を主っているので、憂・悲は肺を損傷しやすい。また、肺が虚しているときには、不良刺激に抵抗する力が弱くなり、憂とか悲という情緒変化が起こりやすい。

沸(はなみず)は肺の液

沸は鼻竅の粘膜から分泌される粘液であり、鼻竅を潤す作用がある。鼻は肺の窮であり、正常な状態では、粘液は鼻竅を潤し、外には流れない。肺が寒気にやられる場合には、透明な鼻水が流れ、肺熱の場合には、黄色い鼻汁が流れる。肺燥の場合には、鼻竅が乾燥になる特徴がある。

体は皮に合し、華は毛にある

皮毛とは、体表であり、皮膚、汗腺、うぶ毛などの組織を含めたものである。衛気と 津液により温養され、汗を分泌し皮膚を潤し、外邪を防御する機能を持っている。皮膚のこのような機能は、皮毛に流布している衛気の作用によるものである。

また、衛気がこの作用を発揮するには、主に肺気の宣発の力が必要である。肺の生理機能が正常であれば、皮膚は緻密で、うぶ毛に光沢があり、外邪の侵入に対しても抵抗力がある。

しかし、肺気が虚して衛気を宣発し精を皮毛に輸送できないと、衛表不固となり外邪の侵入を受けやすくなる。したがって、皮毛の乾燥や萎縮、或いは多汗や無汗といった症状がみられるだけでなく、感冒を患いやすくなる。このため、治療上は、外感病の表証を肺の病変として論治するほか、一部の皮膚病にも肺を治療する方法を用いている。

鼻に開竅する

肺は呼吸を主り、鼻は呼吸の通路であるので「鼻は肺の竅である」といわれている。 鼻と喉は互いに通じており、肺に連絡している。そのため、鼻と喉は、呼吸の門戸と いわれている。 鼻の嗅覚や喉の発声は、いずれも肺気の作用によるものである。したがって、肺気が調和していると、呼吸、臭覚、発声はともに正常に行われる。

肺は鼻に開竅し、喉に通じているので、その病変は口や鼻を通じて外邪が侵入して発生することが多い。したがって、肺の病症には、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、喉の痒み、嗄れ声、失音などの鼻や喉の症候が現れやすい。また肺熱による肺気の上逆では鼻翼呼吸が生じることもある。

肺と他臓腑との関係

肺と大腸

肺の経脈は肺に帰属するとともに、大腸にも連絡している。 また同様に大腸の経脈も大腸に帰属し、肺に連絡している。肺と大腸は経脈の相互連絡を通じて、経絡上で属・絡の関係にあり「表裏をなす」と言われる。

また肺気は「水道を調節し」大腸は「津を主る」水液代謝の面でも一定の関連があるので、病理的にもある程度の関連性が認められている。

肺気の粛降は大肋の伝導を助け、大腸の伝導も肺の粛降を助けている。肺の粛降作用が失調すると、津液が充分に下焦まで到達できなくなり、大腸は潤いを失って便秘ぎみとなる。また大腸に実熱があると、腑気の通暢作用が悪くなり、これにより肺気の粛降作用に影響し、咳喘、胸満といった症候が現れる。

肺と脾

肺と脾の生理上の関係は、主として宗気の生成と津液代謝の2面の協同作用に現れている。宗気の生成は肺の呼吸機能によって吸入される自然の清気と、脾の運化機能によ って吸収される水穀の精気に依存している。

津液代謝の中では肺と脾の協同作用は重要な部分を担っている。肺と脾は病理面でも影響 を及ぼしあう。特に宗気の生成不足と津液代謝の失調に現れる。

例)脾気虚弱は宗気の生成に影響し、肺気不足を引き起こす可能性があり、肺気虚弱も宗気の生成に影響し、脾気不足をもたらすこともある。

肺は気を主り、脾は気血生化の源である:

肺で必要な津液や気は、脾の運化作用によって運ばれる水穀の精微から得られる。そ して肺まで運ばれた水穀の精微は、さらに肺気の宣発作用で全身に輸布していく。このことから「脾は精気の源、肺は主気の枢」といわれている。

肺気が不足すると、水穀の精微の散布が悪くなり、脾気の運化作用にも影響すると、眩量、顔色が黄色になり、四肢無力といった症候が現れる。

肺は貯痰の器であり、脾は生痰の源である:

肺と脾は、津液の輸布の面で関係が深い。脾は津液を運化し、肺は水道を通調する。津液は脾から肺に上輸されたのち、肺の宣発と粛降によって全身に散布され膀胱に下輸されるのである。脾の運化機能が失調すると、水液が凝緊して湿や痰が生じ、ひどい場合には水腫となり、湿、痰が肺を犯して宣発、粛降作用が失調すると、肺気上逆による咳喘、多痰といった症状を引き起こす。

このことから「肺は痰を貯蔵する器であり、脾は痰を生じる源である」といわれている。

肺と腎

肺と腎の生理上の関係

  • 水液代謝
  • 呼吸運動

これらは、協同作用と依存関係にある。肺は水道を通調させ、腎は水を主り、肺腎の協同作用により、水液の正常な輸布と排泄が保障されている。

気の面: 肺は呼吸を主り、腎は納気を主る:

肺は呼気し、腎は納気する。呼吸は肺が主っているが、腎の納気作用の補助が必要である。肺の呼吸は、腎の納気と共同で行なっている。特に吸気は、腎中の精気が充足していてはじめて深く吸い込むことができる。

呼吸は肺の機能ではあるが腎気とも関係があり、腎気が充足してはじめて呼吸の気を収斂し摂納して全身に役立てることができる。

「肺は気の主であり、腎は気の根である」といわれている。腎中の精気が不足すると、納気作用が不充分となり、吸気が不足して息ぎれや少し動くと 呼吸が促迫するといった症状が発生する。この現象を「腎不納気」と呼び、気が根(腎)に帰らないためと考えられている。

水液の面: 肺は水の上源であり、腎は水の下源である:

肺には宣発と粛降作用があり、腎は水を主り、肺の宣発と粛降、また水道の通調は、腎の気化(蒸化)作用によって行われている。水液代謝が正常に行われるか否かは、この肺と腎の働きと密接な関係がある。

肺の宣発、粛降作用の失調と、腎の気化作用の不充分はいずれも水液代謝に影響する。それだけではなく、両者の間は相互に影響 しあう。疾病が進行すると、両者とも失調し、水液代謝に著しい障害が起こり、咳、喘息がはげしくなり、横になれない、水腫といった症候が現れる。

その他:

肺陰と腎陰は相互に滋養し合っており、腎陰は全身の陰液の根本でもある。したがって肺陰虚になると腎陰を消耗し、腎陰虚になると肺陰を滋潤することができない。最終的には肺腎とも陰虚となり、そのため頬部の紅潮、潮熱、寝汗、から咳、嗄(しわが)れ暖れ声、腰膝がだる<て無力といった症候が現れる。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。