中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
CATEGORY

中医内科学

中医内科学

中医学基礎理論に基づいた病証の病因病機と治療原則からなる臨床学(中医内科学)。六経・衛気営血・三焦・臓腑・気血・津液・経絡の病理変化として現れる証候を分析分類して弁証論治される仕組みを解説。

感冒(かぜ)

かぜ(感冒)は風邪の侵入による鼻詰まり、鼻水、くしゃみ、咳嗽(せき)、頭痛、悪寒、発熱、全身不快感などを主な症状とする外感疾病である。風邪、インフルンエンザ、急性上呼吸器感染症などの治療には本証を参照。

咳嗽(せき)

中医内科学に基づいて、咳(せき)の原因となる肺系疾病について解説。呼吸器系感染症、急性慢性気管支炎、気管支拡張症、肺炎、肺結核などの治療はこちらを参照。

飲証

飲証は体内水液の運化、輸送の失調により局所に水湿が停滞する病症について解説。慢性気管支炎、喘息、浸出性胸膜炎、胃腸機能失調、幽門狭窄、腸閉塞などの治療はこちらを参照。

血証

すべての出血を主要な症状とする疾患について中医内科学(血証)に基づき解説。咳血、衄血、吐血、血便、血尿など内科疾患。

動悸(心悸)

動悸(心悸)、不安、不眠、胸悶、健忘、眩暈、多夢、耳鳴を伴う症状について中医内科学に基づき解説。不整脈、心不全、器質性心疾患、機能性心疾患に伴う動悸、自律神経失調症などの治療はこちらを参照。

汗証

自汗、盗汗、脱汗、戦、汗黄汗など汗に関する症状について中医内科学(汗証)に基づき解説。自律神経失調症、結核病、ショック、風湿熱、膠原病、バセドウ氏病、過性低血糖症、一部の伝染病など異常な発汗の治療はこちらを参照。

不眠

寝つきが悪い(入眠障害)、睡眠の質が悪い(熟睡感が 無い)、目が覚めやすい(中途覚醒)など不眠の種類・原因を中医学から解説。不眠による頭痛、目眩、心悸、健忘、精神不安定などの症状、ノイローゼ、神経症、更年期証候群など不眠を主症状とする病の治療はこちらを参照。

鬱証(うつ)

情志不暢、気機鬱滞による憂鬱、精神不安定、胸肋脹痛ないし易怒、泣き易いなどの情緒不安定、梅核気、不眠などの鬱証について種類・原因を解説。自律神経失調症、不安神経症、神経衰弱症、ヒステリー、更年期証候群などの治療にはこちらを参照。

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。