中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
望形態

望診

望形態(形をみる)

望形態は、患者の形体、姿態、動作などを観察することによって病症を診断する方法である。
蔵象学説においては、皮毛・筋肉・血脈・筋骨の五体は、五臓に合している。肺は皮毛に合し、心は脈に合し、脾は肉に合し、肝は筋に合し、腎は骨に合する 。 形体の強弱胖痩は内臓の堅脆盛衰と一致し、体の動静姿態は、陰陽気血の消長と関連する。
したがって、望形態を通じて臓腑気血の盛衰、陰陽の消長、および病症の順逆、邪気の所在を推量できる。

望形体(体型)

望形体とは、体の強弱、胖痩、異常な奇形などを観察することである。
強とは、がっちりした体付きかつ力強いことを指す。弱とは、華奢な体付きかつ力が  弱いことを指す。強壮な身体は、内臓堅実と気血旺盛の現れであり、疾病になっても予後がよい。虚弱な身体は、内臓虚弱と気血不足の現れであり、体質が弱くて病になりやすく、しかも予後は悪い。

肥胖は太っていることであり、消痩は痩せていることであり、いずれも正常ではない。
「四診抉微」では、「形は気の充であり、形は気に勝てば夭(よう:若々しい)と成り、気は形に勝てば寿と成る」と述べている。
気とは気力、パワーである。肥胖、消痩を問わず、気力は、健康に重要な役割を果たす。

肥胖でよく食べるものは、形盛有余である。肥胖で少食のものは、形盛気虚とされ、その多くは陽虚や痰盛と考えられる。
「格致余論」は、「肥人湿多」という。肥満の人は、痰湿が停滞しやすい。それに伴い、気血の流れが悪くて滞り、中風になりやすい。

消痩でよく食べるものは中焦熱盛であり、発熱、口渇、便秘などの症状を伴う。
「格致余論」は、「痩人火多」という。消痩で、食欲不振、面色淡白、倦怠無力などの症状が見られれば、中気虚弱や気血不足である。
形体消痩、口渇、頻尿、多食、舌質が紅で舌苔が少ない、これは陰津虧損による消渇である。

「鳩胸」、「亀背」、「O 脚」などは、先天腎精虧損、または後天脾胃虚弱によるものである。
胸郭の前後径と左右径があまり変わらず、樽のように丸くなるのは、「樽状胸」という。
これは、咳き込みが長引き、肺腎の気が損傷され、肺気が宣発できずに局所に壅滞して膨れ上がることによる。
胸郭が扁平な形をしているものは、「扁平胸」という。そのほとんどは肺腎陰虚または気陰両虧と考えられる。
腹だけが膨らみ、四肢が痩せるものは、「鼓脹」であり、これは肝鬱気滞、水停血瘀による。

外部の形態は、内部構造と一定の関連を有し、内部構造はさらに人体の生理機能に関わるので、体型は体質を反映し、特定の体質は往々にしてある特定の疾病につながる。体型と体質との関係は、『内経』には、すでに論じられている。
例えば、『素問』の「異法方宜論」、『霊枢』の「通天篇」と「陰陽二十五人篇」などの篇章には記載した。
今までこの内容に関する文献が数多くあり、共通の認識が得られなかったが、現在では体質を陽臓、陰臓と陰陽和平と三つに分けることにより、一応の認識を得ている。

  • 陽臓人は、体が痩せ、背が高い、頭が長い、首が細長い、肩が狭い、胸が狭くて平坦で、身体がいつも前屈している。
    これは陰虚陽盛のタイプである。
  • 陰臓人は、背が低くて太り、頭が丸型、首が短くて太い、肩幅が広い、胸が広くて円形で、身体が後ろに反りがち。
    これは、陽虚陰盛のタイプである。
  • 陰陽和平人は、陰陽が偏らず中正を得て、気血も過不足なく順調である。体型は、上記の両者の中間である。

望姿態(動き)

異常な姿態と動作は、ある病症にしか見られないので、これによって疾病を明確に判断することができる。
眼瞼・顔面・ロ唇・指(趾)が度々震える症状が見られれば、外感熱病においては、熱極生風あるいはその前兆が考えられる。
内傷雑病においては、陰血虧虚による経脈失養(養われていない)が考えられる。

背中が弓なり後ろに反って張ることを「角弓反張」という。四肢痙攣、拘急、項強、角弓反張などの症状は痙病に属し、風・寒・湿・熱・虚などの原因が考えられる。臨床上は、熱極生風、小児驚風、熱入営血、血虚生風、掘証、破傷風、狂犬病などの病症が見られる。
意識がはっきりしない状態で、手を空に上げ物をを掴む、または糸を整理するようなさまを「撮空理線」といい、手で衣服を撫でる、または寝台をさするさまを「循衣摸床」といい、いずれも意識混沌を示し、失神に属する。
手足が軟弱で力が入らない、運動が機敏でなく、かつ無痛のもの を「痿病」という。 その多くは、陽明湿熱、脾胃気虚、肝腎不足などの原因が考えられる。

関節が腫れて痛む、痛みで屈伸不利や運動制限を伴うものを「痺病」をといい、風、寒、湿、熱、瘀、腎虚などが原因である。その内、風邪による痺の特徴は、痛む部位がよく変わり「行痺」という。寒邪による痺は、痛みが激しい「痛痺」という。
湿邪による痺は重くて痛い「着痺」という。熱邪による痺は、関節がよく腫れ、局所が赤くて熱い「熱痺」という。

突然の眩暈、頭痛、頭項強直(頸部が硬くて強張る)、半身不随、口眼歪斜(口と目が歪む、顔面麻痺)、抽搐(ちゅうちく:ひきつけ)、などの症状が現れるのは「中風」である。
意識がはっきりしたものは「中経絡」である。昏仆(失神で倒れる、卒倒)、意識不明、大便と小便の失禁などの症状を伴うものは、「中臓腑」である。中臓腑は、脱証と閉証に分けられる。口が開き、指節関節が伸展して手が開いたようなさま、二便失禁、こは脱証である。牙関緊閉、指節関節が屈曲して両手を固く握るよ うなさま、これは閉証である。意識回復の後、言語障害、口眼歪斜、半身不随などの症状が現れるものは、中風後遺症である。

真夏に卒倒し、顔が赤い、体が熱くて汗をかく、これは中暑である。
苦痛を伴う場合、往々にして特別な姿態が現れてくる。
例えば、手で腹部を押さえ前屈していれば、その多くは腹痛である。手を腰に当て、腰を回すことがきつそうに見れば、腰痛が考えられる。突然胸を押さえ、動けなくなるものは、胸痺や真心痛と考えられる。
眉をひそめて額に皺(しわ)を寄せたり、頭を抱えたりするのは、頭痛である。いわゆる「護所必痛」という。

横臥位では呼吸が困難になるため座位を取らざる得ない状態は、起座呼吸といい、痰湿阻肺や肺腎気虚が考えられる。座位や立位では眩暈がするため臥位を取るものは、気血不足が考えられる。
寝る時、常に明るい方を向き、よく寝返りを打つものは、多くが陽証・熱証・実証で ある。常に暗い方を向き、身が重くて寝返りをおっくうがるものは、多くが陰証・寒証・虚証である。

  世界最高峰の手技療法
【すいな(推拿)施術師|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/tuina-sejutsushi-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。