中医学(中医学基礎理論・中医診断学・中医内科学)を詳しく説明する一般社団法人国際伝統中医学協会の「中医学大辞典」
望五官

望診

望五官(五官を診る)

蔵象学説において、体内にある五臓は、それぞれ体表にある五官九竅につながり、官竅は、人体と外界間のパイプと もいえる。
五官九竅は頭部に集中し、「上竅」や「清竅」と称す。
「霊枢」は、「十二経脈および、それと連絡する三百六十五絡は、その気血が全て頭面に上注して空竅に走る」と述べている。
したがって、頭面耳口舌鼻などの器官組織の色沢と形態を見て、臓腑経絡気血の状態を知ることができる。

望目

目は肝の竅である。また『霊枢』 にて「五臓六腑の精気は、すべて目に上注して精となる」といわれるように、目はすべての臓腑に密接に関係する。望目を通じて、目の疾患だけではなく、臓腑気血が正常かどうかを診断することもできる。
したがって、古代から目の望診は非常に重視されている。

1.五輪学説

『霊枢』では「精の窠(か)(巣)を眼とし、骨の精を瞳子(瞳孔)とし、筋の精を黒眼とし、血の精を絡(血絡)とし、その窠気の精を白眼とし、肌肉の精を約束(眼瞼・眼胞)とする」と述べている。
後世の医家は、これに基づいて「五輪学説」を創立し、目の各部位の形色の変化によって、臓腑の病変を診察した。

<五輪学説>

  • 内眦(目頭)と外眦(目尻)の血絡は心に属し「血輪」という。
  • 黒眼(虹彩)は筋の精であり、肝に属し「風輪」という。
  • 白睛(強膜)は肺に属し「気輪」という。
  • 瞳人(瞳孔)は腎に属し「水輪」という。
  • 眼瞼は眼輪筋の居所であり、脾に属し「肉輪」という。
目と五臓の関係図

2.目の色沢

目が赤くて腫れるものは、実熱証に属する。

  • 目眦が赤くなるものは心火
  • 白睛が赤くなるものは肺火
  • 目全体が赤くて腫れるものは肝火
  • 眼瞼が赤くただれるものは脾火

白目が黄色くなるものの多くは、肝胆湿熱または中焦寒湿による黄疸である。
目眦と結膜が淡白なものは血虚である。
眼胞(ここでは眼球全体をさす)が晦暗なものは腎虚である。

3.目部の形態

(1) 眼胞腫

寝不足のようにまぶたが腫れ、顔も浮腫むもの、これは水腫の徴候で ある。まぶたが赤くて腫れるものは、脾熱など実熱証に属する。
まぶたが弛緩して垂れるものは、脾腎気虚に属し、中老年齢層によく見られる。

(2)眼窩陥凹

これは気血津液精微の衰微の極まりである。吐瀉による脱水、出血、慢性消耗性疾患に見られ、重症である。

(3)眼球突出

目が突出し、喘証(ぜんしょう)を伴うのは肺気腫である。頚部が腫れ、眼球が突出 するものは嬰病である。
喘証:呼吸促迫、呼吸困難
癭病:バセドウ氏病

(4)翳膜(えいまく)

翳とは黒睛に生じるもの、膜とは白睛に生じるものをいう。すべて外障眼病に属する。
その多くは、六淫邪毒の侵入、体内にたまっている食滞・痰火・湿熱・瘀血、七情鬱結、臓気虚損、外傷などに由来する。

(5)内障

外観は正常であるが、瞳が変形変色し、視力障害を伴うもので、これを「内障眼病」という。
その多くは、七情内傷、気血両虚、肝腎不足、陰虚火旺などによるものである。一般的には、外障眼病は実証が多く、内障眼病は虚証が多い。

(6)針眼、眼丹

眼瞼の辺縁に麦粒のような核ができ、紅腫が比較的に軽いものは「針眼」といい、紅腫が重くて眼瞼全体が腫れるものは「眼丹」という。両者はともに風熱や脾胃蘊熱が   考えられる。

4.目の動態

  • 両目上視(目が上を向いたままになる)、あるいは前方を向いたまま直視するなどの症状が現れれば重篤な徴候である。
  • 横目や斜視(先天性のものは例外)は、肝風内動によるものである。
  • 昏睡露睛とは、睡眠中、目を開けたまま寝ることであり、その原因として脾虚で清陽の気(呼吸の気)が上昇できず、眼瞼失養で開閉が失調することが考えられる。小児の脾胃虚弱や慢驚風の場合によく見られる。
  • 眼瞼下垂は「瞼廃」という。両側の眼瞼下垂は、先天性によることが多く、脾腎両虚に属する。片側の眼瞼下垂、あるいは下垂の程度が左右異なるなら、後天性瞼廃が考えられ、脾気虚弱や外傷が原因である。
  • 瞳孔拡大は、腎精耗喝に属し、瀕死の危象であるが、肝胆風火の上攻による緑風内障や中毒症にも見られる。瞳孔縮小は、肝胆火熾、肝腎虧損による虚火上擾、中毒などが考えられる。

  世界最高峰の手技療法
【すいな(推拿)施術師|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/tuina-sejutsushi-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール

健康養生を実践するための中医学スクール

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。